当選確実~選挙~

画像

いよいよネパールの制憲選挙が1週間後(4月10日)となった。
どうやら今回ばかりは本当に選挙をやるようで、
町も選挙ムードに満ちている。
すでに投票のために故郷に帰った人も多いと聞く。

日本と違い候補者のポスターこそ貼っていないが、
選挙カーが走り、候補者が練り歩く。
この国でも同じようである。
だが、さすがはネパール。
政党のパレードは、楽団が音楽をかき鳴らし派手に歩いている。
最初出くわしたとき、結婚パレードかと思ったものだ。

画像


その一方で、選挙にまつわる悪い噂も絶えない。
ネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト)の幹部が選挙結果次第では再び闘争を開始すると語っているそうでもあるし、
地方では支持者同士の衝突や、候補者の暗殺が相次いでいるらしい。
ここカトマンズでも、ストライキの噂が根強い。
中には2年前の革命の際の混乱を予想する人もいる。

画像


来週そうそうストライキに入るとの噂もある。
開票作業は4月26日頃までかかると予想されており、
とうぶん不安はつきない。

早いところ、選挙も無事に終わって、
平和なネパールになることを願ってやまない。


(注:一部の候補者・政党の写真を使っていますが、
たまたま町で見かけたというだけで、
特に僕が応援しているというわけではありません。)