Coming out of the Dark~病気~

画像

以前、「僕のお腹は人一倍強いようだ」と書いたことがあったが、
もはやそれは過去の話になったようだ。

去年中も何度かお腹を下すようなことはあったのだが、
今年に入ってからそれが頻繁になった。
もちろん、大抵は1日2日で治ってしまうのだが、
今度ばかりは様子が違うのである。

異変に気づいたのは選挙前の4月8日(火)頃。
お腹を下したのはいつものことだったが、
2週間以上経ってもいっこうに治る気配がない。
そして食欲不振。これは4月に入ったあたりから続いていたように思う。
何しろ、1日1食で充分なのである。
その上、一回に食べる量も減っている。
一緒に食事をした友人からは「小食ですね」と言われるし、
会う人会う人に「痩せたね」と言われるようになってしまった。

4月21日(月)に体重を量ったところ、3キロも減っていた。
高校時代の体重に戻っている。
慌てて、病院で検便をしてもらったところ、
ジアルジアと診断された。

22日(火)の授業が終わったあたりから急に病状が悪化。
3日間に渡ってほとんど寝たきりになってしまった。
こんな長患い、人生初かもしれない。
23日(水)は祝日だったが、24(木)・25(金)は授業を休みにした。
22日・23日はほとんど何も食べることができず、
一時は生命の危機も感じた(注:これは大げさ)が、
24日の夕方になってお粥を茶碗半分食べることができた…。

今日(25日)は薬も利いてきたせいか、
食欲もある程度戻ってきた。
そこで果物を買いに出かけたのだが、
500メートル歩くごとに休まなければいけないほど体力が落ちていた。

しかし、順調に回復しているようなので、どうぞご安心を…。


教訓:具合が悪いときは我慢せずすぐ医者に相談しよう