大迷惑~ネパール情勢~

最近ネパールは毎日騒々しい。
連日のように学生たちによる抗議行動と交通妨害が続いているからである。
一昨日(7月28日)は僕の家の近くのプタリサダックでも、
学生と警官隊による小競り合いがあった。
だから今週が学生の集まりがすごく悪い。
やっと今日(30日)になって落ち着いてはきたようだが…


なんで騒々しいのかというと、
原因は7月24日の大統領の就任式でのできごとに原因がある。
この時パラマーナンダ・ジャー副大統領が、
なぜかネパール語でも自身の言語であるマイティリ語でもなくインドの公用語ヒンディー語で宣誓を行ったのである。

ジャー副大統領の出身地タライ(マデシ)地方は、インドも近くインドびいきの人が多い。
一方、カトマンズ盆地や北ネパールではインド・アレルギーが強い。
それで、カトマンズの学生たちが怒ってしまったというわけ。

ジャー副大統領の意図についてはいろいろ取りざたされているが、
こうした反応を見越した、確信犯的なインドへのアピールだったのではないかとの説がある。
その一方で、こうした反インド感情を知らなかったのではないかとの意見もある。
いずれにせよ副大統領の資質が疑われる。


大統領選の後、マデシの問題が大きくなるだろうと予想していたが、
まさか本当にそうなってしまうとは…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント