大迷惑~後輩隊員帰国~

青年海外協力隊(JOCV)19年度1次隊が帰国するにあたって、
かなり大きなトラブルがあったらしい。

彼らが出国日する6月15日、
カトマンズ盆地ではネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト)の学生グループ、
ネパール共産主義青年連盟(YCL)主導によるかなり大きなゼネスト(バンダ)があった。
毛派政権崩壊以降、連日のようにネパールではバンダが起きていたのだが、
15日のバンダはかなり大がかりなものであったようだ。
公共交通はもちろん、個人車両―たとえそれが国連(UN)や国際協力機構(JICA)のものであろうと、
通行妨害される事態だったとのこと。

当然、帰国隊員たちも、予定通り空港に向かうことができず、
JOCV隊員連絡所(ドミトリー)に足止めを食らっていた。
最終的に、ホテルの送迎バスを特別に手配して空港入りしたそうだが、
空港に着いたのは飛行機の飛び立つ直前だった。

考えてみたら、19年度1次隊は、2007年6月の到着の際も、
憲制選挙後のトラブルを避けるために、前倒しでの派遣となっていたわけで、
最後までネパールの社会情勢に振り回された形になった。
(結局、選挙は延期)
ネパールらしいといえばネパールらしいのだが…


そろそろネパールに戻りたくなってきた。
早ければ夏休みになるだろうが、
その時までには少しは落ち着いていてくれないと困る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

anupama
2009年06月21日 01:37
そろそろ来たくなりましたか?
今日も18時~バンダですよ、夜なのに・・
明日もバンダのうわさが流れております
私の仕事もこのバンダに振り回されて
さっぱり思ったようには進んでません

毎日35~38℃の異常気象
寝苦しい夜が続いております
アヌパマディディ
OCTOPUS
2009年06月21日 11:00
おお、アヌパマジ。サンチャイフヌフンチャ?

この前、ネパールに行く計画を立てていたら、
知人の家を訪ねるだけで、
1か月近くかかるスケジュールになっていました(^_^;

でもせっかくだから、アヌパマジがまだネパールにいる間には必ず一度は再訪したいと思ってます。
その時は、ビルの裏のローカルパサルでも行きましょう。