愛唄~高田馬場「マヤ」~

ネパールレストラン紹介(2)

すごく久しぶりになってしまったが、ネパールレストランを紹介することにしたい。

画像


先日、青年海外協力隊募集説明会の後、むしょうにネパール料理が食べたくなってしまった。
どうも、ネパールの民族衣装を着たのがいけなかったのか。
そこで、高田馬場にある「maya」へ出かけてきた。

「maya」は高田馬場駅から早稲田通りを早稲田方面へ5分ほど進んだ左側の3階にある。
この店も、青年海外協力隊に合格した2006年頃に初めて行ったが、
気に入ってしまい、
友人を何度も連れて行った。

よく見ると店の看板には「ネパール・インド・チベット料理」と書いてあって、
昔は、「なんて欲張りな店だ」と思ったのだが、
実際ネパールではインド料理もチベット料理もネパール料理と同じように食べられているのでまったく問題はない。

画像


ちなみに「maya(माया)」とはネパール語で「愛」という意味である。
だから「まや」さんはネパールではすぐ名前を覚えてもらえる。

画像


まずはゴルカ・ビールで喉をうるおす。
ゴルカはネパール滞在中一番のお気に入りのビールだったので、
帰国後にこうして飲めるのは実に嬉しい。

画像


食事はもちろん、ダルバート・タルカリ(ネパール定食)にした。
ダル(豆のカレー)にジャガイモとタケノコのカレー、
チキン・カレー、青菜カレー、そしてダイコンのアチャール(漬物)。
それに食後のドリンク付きで1800円。
なかなか食べ応えがあっていい。

やはりネパール料理だけに、昔のように手で食べたくなってしまう。
ネパール人が言っていたが、確かに手で食べたほうがおいしく感じる。
僕自身がネパール人化してしまったのだろうか。


今回は一人で行ったのだが、
メニューにはモモ(チベット餃子)やパコダ(天ぷら)といったメニューもある。
ダルバートだけで十分おなかがいっぱいになってしまって、
他のメニューまではとても食べようという気にならない。
今度は友人を誘って行くことにしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント