寝床~落語会~

日本文化に少しでも興味を持っている人は歌舞伎と落語だけは欠かしてはいけない。
僕はそんな風に思っている。
もっとも、僕自身はどちらもそれほど詳しいわけではないが…。


125826404483616327378_Rakugokai.jpg

先日の夜、近所の公民館で寄席の会があるというのででかけてきた。
これまでにも新宿の末広亭といった定席には何度も行ったことがあったのだが、
こうした公演会に行くのは初めての経験である。

会場が近所だということもあって、
散歩がてら気軽に行けるのが嬉しい。

会場は公民館の和室で、
60~70人ほどの集まり具合だっただろうか。


この日の出演は、
初の東大出身噺家という春風亭昇吉。
五街道弥助。
講談の神田翠月。

そして、トリが金原亭伯楽。
会場の前のほうに親子連れがいたのを見つけて、
枕で「落語とは何か」を小噺を交じえて説明してくれるあたり、
さすがはベテランらしいと感じる。

そして演目が「寝床」だった。

噺が終わった後、
1970年代の落語協会分裂騒動の顛末について話し始めたので、
てっきり先日亡くなった三遊亭圓楽の思い出話でもするのかと思ったら、
自身の著書「落語協団騒動記」の宣伝だった(^_^;
せっかくなので、サイン入りのその本を購入した。


この寄席の会は、年に4回行われているそうだ。
今回僕もこの会の会員になったので、
次回もぜひとも参加したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント