Tomorrow Never Dies~大震災~

あの大震災から1週間が過ぎた。
時々余震はあるが、地震にはすっかり慣れてしまった。
一見、何事も無かったかのような平穏な日々が続いているが、
テレビを着けると東北地方の人たちの被害は甚大だし、
福島原発の放射能漏れも気になる。

僕の父方の田舎は福島県のいわき市。
海岸沿いの地域で、大きな被害を受けたが、
どうやら親戚はみな無事だったようだ。

東京でも、毎日電車のダイヤが乱れている。
コンビニからはパンやカップラーメン、乾電池が消えた。
計画停電も始まっているが、今のところ僕の住む地域には電気が来続けている。
昨日(3月17日)は、夕方に大規模な停電があるだろうとの情報が流れ、
僕の勤務校でも、全職員が定時の退勤を命ぜられた。
幸いその日は停電は無かったが、
しばらくはこんな感じで早く帰れるのだろう。
部活もすべて中止になっている。
今月末に予定されていた柔道部の大会も、今日中止となった。


3月11日(金)の大震災当日から、すべての都立高校は「帰宅支援ステーション」として開放されている。
つまり、家に帰れない時の宿泊先とすることができる。
実際、大震災当日には何名かの地域住民が避難してきた。
海から比較的近く津波警報が出ていたからだろう。
家に帰れなくなった先生約20名と生徒約10名も学校に泊まった。
僕は約2時間の道のりを歩いて帰ったが、
今にして思えば学校に泊まるべきだったかもしれない。
何しろ、隣の席の先生が言うには、
「私も30数年教員やってるけど、
学校に泊まったのなんて初めてだよ。」
とのことである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あきこ
2011年03月20日 20:59
お元気ですか?
お疲れ様です!
私は、携帯の地震注意報がなるたびにびくびくしていました。むしろ、これ↑に驚かされていました。
私も、地震当日は歩いて帰りました。みんなにビックリされましたよ。
2011年03月21日 11:04
私も数日前電車に乗っていたら余震で止まったなんてことがありました。
些細なことですが、まだまだ大震災の影響は続いていますね。