行け立教健児~東京六大学野球~

画像


東京六大学野球、先週早稲田は明治に連敗し、勝ち点を落としてしまった。
今日(4月30日)、早稲田は立教と対戦する。
立教は昨秋5位とはいうものの、今季は明治に競り勝っており、
侮れない相手である。

早稲田のスターティング・メンバーは

1左 大野大樹(2年・早稲田実業)
2遊 佐 野(4年・早大本庄)
3一 地 引(3年・木更津総合)
4右 土 生(4年・広陵)
5三 杉 山(3年・東総工)
6二 渡辺侑也(4年・聖光学院)
7捕 市 丸(4年・佐賀北)
8投 大野健介(4年・静岡商)
9中 佐々木(3年・早稲田実業)

今日は大野健介(写真下)が先発。
これまで1番だった佐々木が9番に下がり、
代わって大野大樹が1番に入る。
レフト・キャッチャーで出場していた地引がファーストに就くなど、
打線を大幅に入れ替えてきた。

画像


一方の立教の先発は小室(3年・都立日野)。


1回裏の早稲田、大野健介がいきなりの連続四球。
さらに連続暴投で立教が無安打であっさり先制する。


さらに4回裏、立教1死2、3塁から大野がまたしても暴投。
6回裏は1死1、3塁から打者・小室は内野ゴロ。
ランナー本塁封殺を狙うも、セーフとなる。
早0―3立

なおも1死1、3塁のピンチに、早稲田は大野に代えて有原(1年・広陵)を投入し切り抜ける。
有原はその後、2回2/3を無安打に終える。

画像


8回表早稲田は昨年の早実主将・小野田(1年/写真上)が代打で登場もレフトフライに倒れる。
早稲田打線は小室の前に散発5安打。
チャンスらしいチャンスもほとんど作れない。
8回表の1死1、2塁も杉山がショートライナーで併殺に終わった。
結局、早稲田は3塁を踏むこと無く、
0―3で手痛い完封負けを喫した。


明治2回戦に続く完封負けと、早稲田はまったく元気が無い。
優勝争いに踏みとどまるためには、
この立教戦を落とすわけにはいかない。
何とか明日・明後日と勝って、
望みをつなぎたいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

りょう
2011年04月30日 22:47
今季は「育成」のシーズンですな。
小山田、横山、有原、高梨ら投手陣を整備し、野球は森や江塚ら大砲を育てなければ。
2011年05月01日 03:41
こうして見ると駒は揃っている気がするんだけど、
やっぱり軸となる選手がいないのかなって感じがするね。
今改めて斉藤や福井、大石は偉大だったなと思います。

何だかんだで負けると悔しい。