街角トワイライト~インドラ・チョーク~

ネパール名所紹介(10)

画像


カトマンズのダルバール広場の北のインドラ・チョークには、様々な土産物屋が立ち並ぶ。
ここはショッピングのメッカであるばかりでなく、様々な寺院のある見ごたえのある場所なのだ。

画像


インドラ・チョークで一番立派な寺院はアカシュ・バイラブ寺院(写真上)。
シヴァ神を祀った寺院で、2階のバルコニーから4頭の金色の獅子が顔を覗かす。
本尊は9月のインドラ・ジャットラの際に広場に引き出されるとのこと。

画像


さらに進むとセト・マチェンドラナート寺院(写真上)がある。
祭神のセト・マチェンドラナート(写真下)は雨乞いの神様で、
春のセト・マチェンドラナート祭の際には、山車に乗せられ町を練り歩く。

画像


寺院の中にある一つの像(写真下)。
まるでギリシアかローマの彫刻を思わせる。
古くからのネパールとヨーロッパの交流の痕跡なのだろうか。

画像


さらにいくつかの寺院があるが、
西に進むと、小さな石造りの広場キラガル・トール(写真下)がある。
パゴダ(仏塔)のある仏教広場である。

画像


さらにその西にあるもっと大きな広場はイトゥン・バハール(写真下)。
1381年に作られたカトマンズ最古のバハールである。

画像


その西側のナラディヴィ寺院は女神カーリーを祀る。
現在でも12年に一度カーリーのための舞が奉納されるそうだ。

画像


そのすぐ左手のナラシンハ寺院(写真下)は、実にわかりにくい場所にある。
僕もその辺の人に聞いてまわってようやくわかったぐらいだ。

画像


その南にあるデサイ・マドゥ(写真下)は、「世界に一つにしかない」という名前の窓。
確かにその通りかもしれない。
かつてネパールの切手になったこともある。

画像


さらに南に進み、右側に入っていくと、ヤトゥカ・バハール(写真下)がある。
巨大なストゥーパが建つ。

画像


そして、南に進むと再びダルバール広場である。


このようにカトマンズは、少し歩けば様々寺院がある、
まさに生きた文化財ともいうべき場所なのだ。

今後もこうした町歩きを紹介していきたいと思う。

参考:(http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/POI/Nepal/Nepalindex.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント