天使にスリルをおしえてあげて~ネパール民族衣装~

画像


ネパールでは日本語の授業の時も、当然クルタを着ていた。
ある日、とあるネパール人から言われた。
「クルタはインドの服だから、ネパールの服を着なくちゃいけないよ。」
なんと、それは衝撃的だった(笑)
ネパールの服とは、ダウラ・スルワールという。
そこで、さっそく作ることにした(写真上)。
ダウラ・スルワールは、ネパールでは正装に当たる。
日本で言えば紋付き袴。
普通のネパール人は結婚式等、ここぞという場面でしか着ない。
ちなみに僕は結構、日常でも着ていたが(笑)
日本に帰る前には、王族も作っているという店で、ダウラ・スルワールを新調した。

画像


ネパールは多民族国家の国で、民族によって服もいろいろと変わる。
そこで、様々な民族の服も作ってみた。
最初に作ったのは、チベット系のグルン族の服(写真上)。
バングラという袋を背中に背負い、ミニスカートをはく。
その格好のままで国際協力機構(JICA)ネパール事務所まで出かけてみた。
グルン族の職員には好評だったが、日本人には賛否両論だった(笑)

画像


同じくチベット系のシェルパ族。
こちらは着物のような感じのガウン状の服を着る(写真上)。
片肌を脱ぐのが正しい着方だそうである。

画像


僕はネパール滞在中、ネパールダンスをほんの少し習っていた。
タマン族の踊りを披露する機会があり、
その際にタマン族の衣装も作った(写真上)。

画像


ネパール以外にも、インドのクルタも作ったりしている(写真上)。
着ているとまるでインド映画のヒーロー(主人公)になった気分である。
残念ながらヒロインは見つからなかったが(笑)


これらの服は一応、日本にも持って帰ってきののだが、
ほとんど着る機会がないのが残念である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あきこ
2011年11月20日 21:43
タマン族が1番似合っています!いいね!
私も、ひとつ欲しいです!
2011年11月21日 20:24
今度ネパール行ったとき買ってこようか?
あきこ
2011年11月23日 22:57
お願いしようかな~。