茶摘み~イラム~

ジャパのビルタモードには2泊し、
そこを拠点に、12月29日(木)イラムにまで足を伸ばした。
イラムは、言わずと知れたイラム茶の産地である。
紅茶の産地としてはインドのダージリンが有名だが、
イラムは国境を挟んだネパール側にある。
あくまで噂だが、ブランドとしては劣るイラム茶を安く仕入れて、
ダージリン茶のラベルを貼って売っていたりすることもあるらしい。


画像


ビルタモードからイラムへは乗り合いジープで約3時間。
かなりの悪路なので、
めったに車酔いしない僕もすっかり気持ち悪くなってしまった。
ダージリンと比べて、イラムはこじんまりとした町。
道を一歩外れれば、一面に茶畑が広がる。
最初、僕がダージリンに期待していた光景がこれだった(笑)


画像


イラムは小さな町で、見るべきところはさほど無いようだ。
ガイドブックによると一応寺院などもあるようだが、少々遠い。
結局、「ラブ・ダナ(恋人の丘)」という小高い丘に行っただけだった。


画像


もちろん、景色はよかった。
なるほど、その名にふさわしくネパール人カップルらしき男女もちらほら見えた。


結局、イラムには2時間ほどしかいなかった。
行きに乗ったのと同じ乗合ジープでまたビルタモードへと戻った。

駐車場でふと横を見ると、
まさしく「ドナドナ」。


画像


イラムといえば、僕のネパール語の師匠の出身地。
毎年、年末には帰省していることが多いというので、
今回連絡を取ったのだが、あいにく今年は帰っていなかった。
その後カトマンズで会った時、
「次はぜひ一緒に行きましょう。いろいろと案内してあげます。」
と言ってくれた。


どうやらイラムにはまだまだ見どころがあるらしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

あきこ
2012年01月09日 14:29
ステキな名前の丘だね!o(^o^)o
すごい田舎な感じだけど、長閑でいい感じですね!
2012年01月09日 16:43
ネパールは、中心地から少し離れればどこもかしこも田舎しかないですよ(笑)
カトマンズから30分も行けばもう田園地帯。
あきこ
2012年01月09日 18:59
そうなんですね~!
次のイラム行きの楽しみもありますね!