悲しみなんて笑い飛ばせ~東京六大学野球・早東戦~

韓国旅行の記事はまだ終わっていないが、ちょっとひと休み。
僕が楽しみにしていた季節が始まった。
高校野球と、東京六大学野球が開幕したのだ。
昨日の開幕戦、早稲田大学vs東京大学の試合は観に行けなかったが、
早稲田は有原(2年・広陵)が先発。
高梨(2年・川越東)、内田(1年・早実)とつないで6―1で快勝した。

画像


そして、今日の試合、神宮球場へやってきた。
9月だというのにまだまだ暑い。
前の試合では、慶応と立教が激闘を繰り広げていた。
立教2―1の8回、立教はエース小室(4年・日野)を投入。
しかし、投球が安定せず無死満塁に。
藤本(2年・慶應)の打球はサードゴロとなるが、これで同点。
1死で再び満塁とし、代打・鈴木裕司(4年・慶應)。
走者一掃のスリーベースで、慶応が3点を追加し勝ち越す。
連投の小室、1回持たずに降板…
慶5-2立

画像


立教は9回裏も2満塁と慶応を攻め立てる。
慶応はエース竹内大助(4年・中京)を投入するも、
押し出し四球で1点返される。
さらに大塚拓(3年・長崎西)がタイムリー。
同点打と思われたが、サードランナーが足をもつらせ転倒したため、1点止まり。
慶応は最後は只野(4年・慶應)がマウンドにあがり代打・舟川(3年・足利)をファーストゴロに打ち取り、
5―4で4時間近い激戦を制した。

続く早稲田―東大戦。

画像


早稲田のスタメンは次の通り…

1二 中 村(2年・天理)
2中 大野大樹(3年・早実)
3右 小野田(2年・早実)
4一 杉 山(4年・東総工)
5捕 地 引(4年・木更津総合)
6三 茂 木(1年・桐蔭学園)
7左 吉 澤(2年・日大三)
8投 吉 永(1年・日大三/写真下)
9遊 東 條(3年・桐光学園)

画像


早稲田の主将・佐々木(4年・早実)が昨春の早慶戦での負傷以来、復帰できず。
さらに、高梨がベンチから外れている。

一方の東大も春好投した初馬(2年・桐朋)が欠場しており、窪田(3年・江戸川学園取手)が初の先発となった。

試合は早稲田の先攻。
1死から大野、小野田、杉山の3連打であっさり先制。
さらに地引四球で1死満塁からパスボールでさらに1点追加。
茂木は走者一掃の2点タイムリースリーベース。
早稲田が4点を先制し、今日も圧勝の予感。

画像


東大は2回表から早々と窪田を諦め、エース香取(4年・筑波大駒場/写真下)がマウンドへ。

画像


東大は3回裏、永井(4年・東海)のタイムリー、
4回、飯田(1年・刈谷)の犠牲フライで1点ずつ返し、
追い上げムードを見せる。
早4-2東

しかし5回表、早稲田は杉山がツーランアーチをレフトスタンドに打ち込む。
さらに1死2、3塁から吉永が2点タイムリー。
東條のライトオーバーのヒットが、悪送球で吉永生還。
香取が下がりマウンドには辰亥(1年・高松)があがるが、中村タイムリー。
この回早稲田は6点を追加し、試合を決める。
早10-2東

東大は6回から井坂(3年・日比谷/写真下)、早稲田は7回から丸山(3年・武蔵野北)がマウンドにあがる。
東京六大学野球では珍しい、都立高校出身投手同士の投げ合いが実現した。

画像


東大は6回裏にも成瀬(4年・学芸大付)のタイムリーで1点返すが、それまで。

薄暗くなってきたが、ナイターはまだ点灯しない。
早稲田は、8回・兼田(2年・熊本学園大付)、

画像


9回・横山(3年・聖光学院)とつなぎ、

画像


9回にはルーキー河原(1年・大阪桐蔭)のソロアーチ(写真下)も飛び出し、
早稲田が11-3の大差で連勝。
勝ち点1を奪った。

画像


ようやく始まった野球のシーズン。
今学期は文化祭やら、部活の大会の引率やら、
いろいろと忙しく、なかなか観に行けないかもしれない。
だが、できるかぎり神宮球場に足を運ぼうと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント