未来への架け橋~日朝教育交流の集い~

画像


昨年に続いて、「日朝教育交流のつどい」に参加してきた。
このイベントは、東京都高等学校教職員組合(都高教)、在日朝鮮人学校教職員同盟(朝教同)などの主催で毎年行われており、今年で39回目。
今年は町田にある西東京朝鮮第二初級学校が会場である。
近年、日本と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間は緊張が高まっている。
しかもこのところ、朝鮮学校の無償化の是非をめぐる論議があり、
そういった意味でも、こうしたイベントでの相互理解と交流は重要な意味があるのではないか。


まずは授業参観があった。
国語(朝鮮語)や算数、社会など。
幼稚園の授業もあった。
授業は全て朝鮮語なので、僕にはまったく理解できないが、
中には日本語の授業や、日本人の中学校教師を招いての理科の特別授業などもあった。


全体会では、児童芸術小公演として、子供たちによる合唱や舞踊、伝統打楽器の合奏などがあった。

画像


昼食はオモニ会による朝鮮料理だった。

画像


午後は、地元在住の在日一世などの講演もあり、
日本と朝鮮(北朝鮮・韓国)の関係を考える上では有意義な時間であった。


僕は国際協力出前講座などで子供たちに、
「まずは興味を持って欲しい、
それが国際理解の始まりだ。」と話すようにしている。
日本と北朝鮮がお互いに興味を持つところから始めて欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント