AHHHHH!~ビラートナガル~

画像


東ネパールを楽しみ、カトマンズへ帰る日が来た。
本当は夜行バスにでも乗ってゆっくり帰りたかったのだが、
時間の節約のために帰りもまた飛行機を利用した。

行きはバドラプールから東ネパール入りしたので、
帰りはビラートナガルから出ることにした。
本当はダーランから直接ビラートナガルに行けば近くて良いのだが、
スケジュールの関係上、いったんビルタモードまで戻り、そこからビラートナガルへ出た。

画像


ビラートナガルはカトマンズに次ぐネパール第2の都市。
商業都市として発展してきた、いわばネパールの大阪。
実際、これまでに訪ねたどの東ネパールの町より大きく、人も多かった。
そして、暑い。
何しろ南のインド国境まではたった6キロだ。

画像


何はともあれ、国境を観に行くことにした。
残念ながら国境は外国人には解放されてはおらず、
そもそもインドのビザも持っていないので入りようが無いのだが…

リキシャに乗って国境の町ジョグバニへ。

画像


あのゲートの向こうがインド。

画像


この旅で国境に来るのはタイーミャンマーに次いで2度目だが、
今回は…越えない。


以前、スノウリの国境を訪ねたことがあったが、
ジョグバニは道も狭く車も少なく、雰囲気はだいぶ違う。

画像


ビラートナガルではいくつかの寺院も観てきた。
巨大な菩提樹の立つサンサーリ・マイスタン寺院。

画像


北のブッダ・ハート・チョークにはパーンツ・ムッキ・ハヌマーン寺院がある。
5つの顔のハヌマーン像が祀られる。

画像


画像


この通りを北に進むと、いくつかの寺院があるが、
ちょうどサッテャ・ナラヤン寺院の前でパレードにぶつかった。
どうやら今日はクリシュナ・ジャンマアシュタミ、クリシュナ神の聖誕祭のようだ。

画像


画像


画像


女神(?)に扮した少女たち。

画像


さらに北に進み、左に折れてしばらく行くと、バスキナート寺院がある。
あまりここまで来る人はいないかもしれないが、
色鮮やかな尖塔は一見の価値がある。

画像


画像


ビラートナガル空港からカトマンズまでは空路30分。
5日ぶりにカトマンズへ帰って来た。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント