ひかる青雲~東京六大学野球・早立戦~

神宮球場に東京六大学野球を観にやって来た。
今週は早稲田大学が立教大学と対戦している。

画像


今季の立教は元気がいい。
慶応には破れたものの、優勝候補の明治、法政を倒し勢いに乗っている。
しかし、昨日の早立第1回戦では、早稲田が有原(3年・広陵)、横山(4年・聖光学院)の好投で3-1で先勝した。
早稲田は今日も勝って優勝戦線に留まって欲しいところ。

画像


早稲田はスタメンをずいぶん変えてきた。

1中 中澤彰太(1年・静岡)
2捕 土 屋(3年・早実)
3二 中 村(3年・天理)
4右 小野田(3年・早実)
5一 武 藤(3年・金沢泉丘)
6五 石 井(1年・作新学院)
7遊 東 條(4年・桐光学園)
8投 吉 永(2年・日大三)
9左 重 信(2年・早実)

ルーキー中澤が1番に入り、
9番で重信が久しぶりの先発出場。
昨日投げていない高梨(3年・川越東)がベンチ入りしていないのが気がかりだ。

画像


立教先発投手は齋藤(2年・成田)。

画像


早稲田は1回表は1死3塁、
3回表にも無死1、3塁とチャンスを作るも後続が倒れ無得点。


しかし4回表、早稲田は先頭の小野田がレフトスタンドへソロアーチを放ち、
先制に成功する。

画像


画像


画像


一方、早稲田の先発投手の吉永。
3回まで1四球のみと幸先のいいスタート。

画像


1回裏2死1塁の場面で、キャッチャーフライを追った土屋が立教ベンチに飛び込む。
いったんはファールとされるが、協議の結果アウトに。
どうやら飛び込む前に捕球していたらしい。

画像


画像


好投を続けていた吉永だったが、4回裏に連打で無死1、2塁とされる。
4番岡部の打球はライトスタンドへ。
逆転のスリーランホームランとなる。
早1-3立

画像


早稲田は6回表、小野田のスリーベースで無死3塁。
武藤のショートゴロ(写真下)で1点返す。
反撃の狼煙となるか。
早2-3立

画像


立教は7回表から澤田圭佑(1年・大阪桐蔭)を投入した。

画像


8回裏、立教は先頭の佐藤拓也(1年・浦和学院)がライトスタンドにソロホームラン。
2-4となったところで吉永が下がり、
吉野和也(1年・日本文理)がマウンドへ。

画像


2点を追う早稲田、9回表1死から東條が四球を選ぶ。
だが、代打・丸子(2年・広陵)、重信が三振に倒れ、試合終了。
早稲田は2-4で立教に敗退した。

画像


早稲田は接戦とはいえ敗れてしまった。
どうやらなかなか簡単には優勝できないようだ。
だが、まだまだこれから。
明日の3回戦に期待しよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ken
2013年10月14日 06:34
>OCTOPUSさん
おはようございます。

東京六大学野球秋季大会を行っている一方でプロ野球クライマックスシリーズを行っているようです。ファーストステージではセ・リーグが早々に決着がついたみたいです。広島東洋カープが読売ジャイアンツとファイナルステージで戦うことになり、パ・リーグではボクが応援している千葉ロッテマリーンズ相手に西武ライオンズが1勝1敗のイーブンスコアーにもつれています。
おそらく今日決まると思いますが果たしてどこでしょうか?
ボクだったら千葉ロッテマリーンズが決めてくるだろうと思います。
2013年10月14日 07:17
個人的にはクライマックスシリーズには反対です。
もしこのまま広島とロッテの日本シリーズになったら、いったいペナントレースはなんだったのか、ってことになっちゃいます。
ま、ロッテは前にもやってますが。