野球小僧~プロ野球ドラフト会議~

10月24日、プロ野球のドラフト会議が実施され、新たにプロ入りする選手が決まった。
話題は5球団で競合した末に楽天が指名権を獲得した桐光学園の松井裕樹投手であったようだが…

今年の早稲田は4年生にスター選手が少ないので、正直指名はないかな、と思っていた。
ところが、横山貴明投手(聖光学院)が楽天の6位指名を受けた。
確かに今季の横山は6試合に登板して無失点と安定している。
また、先発も抑えもこなす器用さがある。

画像


六大学野球からは他には法政の西浦直享内野手(天理)がヤクルトの2位。

画像


投手との二刀流で話題の明治の岡大海内野手(倉敷商)が日本ハム3位。

画像


慶応のエース白村明弘投手(慶応)が日ハム6位というのは意外と低い評価だ。

画像


この他、法政OBの三上朋也投手(JX-ENEOS)がDeNA4位で指名された。

画像


今年は日ハムの斎藤佑樹(早実→早稲田)は結局不振のまま終わってしまったが、
一方で明治出身の広島の野村祐輔投手(広陵)が大活躍した。
早稲田の選手はもちろんだが、ライバル校の選手たちがプロで活躍するのを見るのもやはり嬉しい。
彼らがプロ野球をますます盛り上げていくことを期待して待とう。

あ、その前にまだ早慶戦が残ってる。
横山には最後にもう一花咲かしてもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント