いざ青春の生命のしるし~東京六大学野球・早慶戦~

画像


スポーツの秋だ。
今日は神宮界隈では、神宮球場で東京六大学野球・早慶戦が、
神宮第二球場で高校野球秋の都大会準々決勝が、

画像


秩父宮ラグビー場で日本代表vsオールブラックス(ニュージーランド代表)戦が、

画像


国立競技場でサッカーナビスコカップ決勝浦和レッズvs柏レイソルが開催される。

画像


そんな中から僕が選んだのは、もちろん伝統の早慶戦。
すでに優勝は明治に決まってしまったが、シーズン最後の早慶戦に勝たなければ仕方が無い。


外苑前駅を降りたらすごい人だかり、
と、思ったらほとんどがラグビーの観客だった。
神宮の入りはまあまあ。

画像


秋で優勝がかからなければそんなものか。
慶応側(レフト)は外野にも多少入っているが、早稲田側(ライト)はガラガラ。

画像


画像


「早慶讃歌」斉唱には間に合わなかったが、
校旗入場、エール交換とセレモニーがあっていよいよプレイボール。

画像


画像


早稲田は有原(3年・広陵)、慶応は白村(4年・慶応)の先発となった。

画像


画像


それにしても、空は雲に覆われていて暗い。
おまけに時折雨もぱらついく。
隣の国立競技場を見ると、証明が点灯しているようだ。
聖火台にも火が赤々と灯っている。

画像


画像


先制したのは早稲田。
3回裏、1死2塁から重信(2年・早実)がタイムリー2塁打を放つ。

画像


さらに5回裏にも1死2塁から重信のタイムリーと、
同じようなパターンで早稲田が追加点。
早稲田が2-0とリードする。

画像


6回裏辺りから雨が強くなってきた。
そのためか、7回からようやく照明が灯った。

画像


有原は慶応打線を1安打1四球のみとほぼ完璧なピッチング。

画像


9回も2三振を奪い、早稲田が2-0で慶応を下し先勝した。

画像


天候のコンディションは悪かったが、
最高の試合で、満足できた。
明日も勝って、2013年を締めくくってもらいたい。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント