いつかきっと~早稲田宝泉寺~

画像


早稲田大学早稲田キャンパスのあった地はかつては宝泉寺の境内であったそうだ。
その宝泉寺は、現在も早稲田の森の一隅にひっそりと残る。
「早稲田大学に一番近い寺 最もご縁のある寺」というのが、宝泉寺の売り文句になっている。

画像


早稲田大学の南門通りを、穴八幡前の交差点から大隈講堂に向かって進む途中の左手に宝泉寺はある。

画像



810年頃とも、藤原秀郷(10世紀前半)の創建ともいわれる歴史のある寺院ではある。
だが本堂は第二次大戦に焼け、1966年に再建された近代的な建物。

画像


おみくじは「富くじ」となっているが、
これは江戸時代、江戸で最初に富くじが行われたのが宝泉寺だったことに由来しているとか。
しかし、富くじというのは本来宝くじみたいなもので、おみくじとは違う気もするのだが…

画像


宝泉寺で最も由緒があるのは、梵鐘。
1711年の鋳造で、新宿区の有形文化財。
ちなみに夏目漱石とも縁のある誓閑寺の梵鐘はこれより30年程古いもの。

画像


現在、甘泉園にある高田富士も、かつては宝泉寺に隣接する水稲荷神社(参照)の境内にあった。
早稲田大学が拡張された際に取り壊され、現在地に移されている。

画像


そんな歴史を反映して、宝泉寺は今も早稲田大学と隣接している。
境内から大学の建物が見えるが、ちょうど8号館と9号館である。

画像


受験生に人気だというお守り(¥500)を購入してみた。
「W」の文字を入れたえんじ色の袋とは、少々あざとい気もする。
大学に縁があるからといって、受験にも効果があるのかどうか…
多少疑問が残る。

画像


いつの日か、大学の近くのお墓に入るのも悪くないのかな、と思っていたら、
そう思う人も多いのか、パンフレットにはちゃんと墓苑の宣伝の紙が入っていた。
ちゃっかりしている。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント