春の調べ~青年海外協力協会新春交歓会~

代々木のオリンピック記念センターで開催された青年海外協力協会(JOCA)の新春交歓会に参加してきた。
昨年初めて参加してみて楽しかったので、今年も出席することにしたのだが、
今年は思わぬ大役を賜わり、緊張することになった。


画像


JOCAの新春交歓会には、僕ら青年海外協力隊(JOCV)のOBOGの他に、
JOCV派遣国を中心に、各国の大使館関係者もゲストとして招待される。
その大使館関係者のエスコート役は、その国のOBOGが務めることになっていて、
今年はネパール大のアテンド・ボランティアになんと僕が指名されてしまったのだ。


画像


ご存知の通り、僕のネパール語力はネパール滞在当時から微々たるもの。
しかも、帰国後5年も経っている。
ネパールに行く度にネパール語力の衰えを痛感させられる。
僕も当初はこの依頼を引き受けるつもりはなかった。
しかし、JOCAの担当者が僕の同期隊員で、彼から直接オファーされた。
確かにめったに無い機会だろう。
通訳をするというならともかくとして、挨拶・雑談ぐらいならなんとかなるし、
他のネパールOBOGも大勢来ているのだから、それとなく協力してもらおう。
そう思って結局引き受けてしまった。


ネパール大使館からはタパス・アディカリ領事・参事官夫妻がいらっしゃった。
2人の到着を出迎え、会場へ。


画像


来賓として、谷公一・復興副大臣が挨拶。


画像


公明党の山口那津男代表もスピーチしたが、すぐに会場を後にした。


画像


50ヶ国近くの大使や大使館関係者が段上にあがる。


画像


ネパールJOCVのOBOGは10数人が出席していたが、
僕より上の隊次ばかりで、僕が最年少隊次だった。
みなさん帰国してだいぶ経つはずだが、僕なんかよりよっぽどネパール語が達者で、
参事官夫妻との会話も盛り上がっていた。

最後は、夫妻を見送って役目を終えた。


来賓として会場に青木盛久・元協力隊事務局長がいらっしゃっていた。
1996年のペルー大使館公邸占拠事件の際の在ペルー日本大使だった方だ。
一度、出発前の東京都の走行会でお話ししたことがあったので、挨拶をした。


画像


今年はJOCA設立30周年に当たるということもあり、去年以上に大勢の人が集まっていた。
今回、大役のおかげで緊張はしたが、充実していたようにも思う。
来年は青年海外協力隊の50周年ということで、ますます盛り上がると思われる。
ぜひともまた参加したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント