ゆめのはじまりんりん~高校野球~

いよいよ3月15日(土)から高校野球春の都大会の一次予選が始まる。
僕の大好きな野球のシーズンがいよいよやって来たのだ。
来週21日(土)からは春の選抜大会が開幕。
東京六大学野球も含め、今から楽しみがいっぱいである。


画像


今年の春の選抜大会の話題としては、
小山台高校が都立勢としては初めて選抜に出場を決めたことであろう。

秋の都大会で、小山台は早稲田実業、堀越、日大豊山といった強豪を撃破し堂々のベスト8へ進出し。
21世紀枠で選ばれた。
その実力は伊達ではない。
だが、果たして小山台が甲子園にふさわしいのかどうか。


まずベスト8というのが今ひとつ物足りない。
実際、去年の秋の大会でも、都立足立西がベスト8に残っている。
それどころか2007年以降、都立勢は必ずベスト8以上にどこかしらが残っている。
例えば都立日野。
最近だけでも2度もベスト4に進出している。
さらに昨年の夏の西東京大会でも準優勝するなど、小山台以上の活躍をしているのだから、
21世紀枠の基準がどうも今ひとつわからない。
「小山台が甲子園なんて納得がいかない。」と語る都立高校の高校球児もいたぐらいだ。


小山台の場合、2006年に野球部員が事故死するという悲劇があったことも話題になったが、
これだって本来、選考とは何の関係もないはずである。


とにかく小山台には批判を打ち消すだけの活躍を甲子園であげてもらいたい。
まずは、過去に国立、城東、雪谷も成し遂げられなかった甲子園での1勝を実現してもらおう。
僕もスケジュールが合えば、甲子園まで駆けつけたいと思う。


追伸:
3月14日の組み合わせ抽選の結果、
小山台の初戦の相手は履正社と決まった。
一昨年ベスト4の強豪だけに、好勝負を期待しよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント