犬の生活~田河水泡のらくろ館~

漫画家・田河水泡も深川に育っている。
田河水泡は知らない人も多いかもしれないが、彼の生み出したキャラクターである“のらくろ”は誰でも知っているだろう。

画像


その田河水泡とのらくろについて展示した田河水泡のらくろ館が、森下文化センターの中にある。
都営大江戸線・森下駅から、文化センターに向かう道。
正式名称は高橋夜店通りだが、通称のらくろード。

画像


道のあちこちにのらくろがいる。

画像


画像


画像


店のシャッターにも。

画像


店頭のマネキンがのらくろ。

画像


のらくろグッズも。

画像


田河水泡のらくろ館には、漫画の原画の他、
田河水泡の書斎も再現されている。

画像


「サザエさん」の長谷川町子は田河水泡の弟子であった。
また、少年期の手塚治虫も彼の影響を受けている。
田河水泡亡き後、のらくろはその弟子の山根赤鬼・青鬼兄弟、永田竹丸に引き継がれた。
田河水泡のらくろ館にはそんな彼らの作品も展示されている。

画像


閲覧コーナーには田河水泡の作品以外にもふんだんに漫画が置かれ、
世界に誇る日本の漫画文化を学ぶことができる。

画像


まさしく田河水泡は、日本の漫画文化の礎を築いた偉大な漫画家なのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

あきこ
2014年05月15日 22:17
のらくろ
好きだったな~!
たぶん祖父母の家に漫画があって、遊びにいった時に
よく読んでた。知らなかったよー!!
2014年05月16日 07:45
のらくろって、猫のフェリックスがモデルだって話だよね。
確か10円で売ってたフェリックスのガムよく買ったな。