ひとかけらの純情~日本城郭検定~

6月1日の早慶戦を観に行かなかったのは、
慶応の優勝の瞬間を観たくなかったのが一番の理由だが、それだけではない。
ちょうどその頃、日本城郭検定試験を受験していたのだ。

画像


昨年ぐらいからだろうか、僕はお城を見て歩くのが楽しくなった。
江戸城(皇居)を皮切りに、これまで都内を中心に約30のお城を回っている。
日本百名城のスタンプラリーにも参加している。
日本城郭検定というのがあるというのを知り、初めて受験してみた。
今回は初挑戦なので無理をせず3級(初級)を受けた。

画像


会場は専修大学の神田キャンパス。


検定試験はちょうど100問で、こんな具合。

(1)幕末期、幕政に三角を求められ京都守護職に任じられた会津若松城主はだれか。
  ①上杉景勝 ②松平春嶽 ③松平容保 ④保科正之

(2)「小諸なる古城のほとり雲白く遊子悲しむ…」と小諸城を詠んだ文学者はだれか。
  ①佐藤春夫 ②北原白秋 ③若山牧水 ④島崎藤村

(3)城から八丁離れた村で作られたのが八丁味噌の語源とされているが、その城とはどれか。
  ①犬山城 ②岡崎城 ③松坂城 ④名古屋城

(正解は、③、④、②)

意外と手応えがあって難しかった。
というより、僕の勉強不足。
合格点は7割というから、なんとか合格点に達しているだろうか。
もし落ちていたら、また再チャレンジするまでさ。


試験を終えて会場を出たらマスコットキャラクターの「シロッぷ」が来ていた。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント