イノセント・ワールド~高校野球西東京大会~

高校野球西東京大会。
7月20日に八王子市民球場で行われた早稲田実業vs都立日野の試合。
あいにく僕は千葉の方に行っていて観に行かなかったのだが、
壮絶な試合だったようだ。
二転三転の末に早実が9-8のサヨナラ勝ちで、なんとかベスト8に駒を進めた。
話題の清宮はここまで10打数7安打の打率7割と絶好調。
連日のようにスポーツ誌の紙面をにぎわしている。

画像


僕は、準々決勝では早稲田大学高等学院との兄弟校対決を期待していたのだが、
残念ながら学院は八王子学園八王子にコールド負けを喫してしまった。

画像


その早実vs八王子の試合を観に神宮球場へ足を運んだ。
さあ、神宮に帰ってきたぞ。


この日は、準々決勝4試合を1日で消化するスケジュールだった。
第1試合は日大三が都立で唯一残った昭和を10-0と圧倒。
第2試合も国学院久我山が聖パウロ学園に10-0。
僕が神宮に着くと第3試合は激戦だった。
5回を終え、東海大菅生7-4国士舘。

画像


そこから国士舘が激しく追い上げ、9回表についに逆転に成功。

画像


しかしその裏、菅生は1死1、3塁からライトオーバーの2点タイムリーを放つ。
東海大菅生が11-10のサヨナラ勝ちで準決勝に駒を進めた。

画像


さあいよいよ、早実が神宮に帰ってきた!

画像


画像


16時半、試合開始。

画像


早実の先発・松本皓。
2四球で2死1、2塁とされると、一二塁間にタイムリーを打たれ、
八王子に先制された。

画像


注目の八王子の左のエース横森。
果たして、早実打線は打ち崩せるか。

画像


早実は先頭の山田がヒット。
2死1、3塁となり、5番金子。
レフト前にタイムリーで同点に追いつく。

画像


さらに富田の2点タイムリー2塁打で逆転に成功。



2回裏、早実は無死1、2塁から玉川の送りバントがエラーとなってランナー生還で1点追加。

清宮は死球で満塁となり、キャプテン加藤の2点タイムリー。

画像


3回裏は2死1、3塁から玉川がタイムリー。
早実7-1とリードを広げていく。

画像


5回表、松本は連続四球で無死1、2塁とされる。
2死1、3塁からタイムリーを打たれる。
早実7-2八王子

画像


松本に代打が出て、6回から早実のマウンドには2年生の吉村。

画像


八王子の横森は3回で下がり、4回から熊倉、
5回から篠原がマウンドに上がり、早実打線は無得点に抑えられている。
清宮もここまで死球のみでノーヒットに抑えられていたが、
6回表、1死からようやくヒットが出る。

画像


加藤はセカンドゴロがエラーになり、
金子の2点タイムリー2塁打。
早実9-2。

画像


7回表を抑えれば早実のコールド勝ちだが、
2イニング目の吉村が捕まる。
3連打で1点を失う。

画像


さらに無死1、2塁となったところで、ここまで好投していた上條哲聖がマウンドへ。

画像


しかし、2点タイムリー3塁打を打たれ、9-5。
なんだか、府中西戦と似たような展開になった。

画像


7回裏に照明が灯り、ナイターに。

画像


八王子は再び横森がマウンドへ。
8回裏、早実は先頭の清宮が死球。

画像


1死2塁で金子がレフトオーバーのタイムリー3塁打。
富田もタイムリーで11-5。

画像


結局、試合は9回に入った。

画像


画像


2死後、上條はヒットのランナーを出すも、
最後はショートゴロに打ち取り、早実が勝利。

画像


なんとか、準決勝進出を決めた。

画像


早実はエラーこそ1つだけだったが、相変わらず投手が不安定で、不安が残る結果だった。
打線は清宮は3打数1安打2死球に終わったが、
5番の金子が4打数3安打3打点と活躍。
打線は好調である。
次の日大三戦はこれまで以上に苦戦が予想されるが、
きっと勝ってくれるだろう。
今日はこれから島に戻るので、
準決勝と決勝は観に行けないが、必ずや勝って甲子園に行ってくれると信じている。
次は甲子園で、早実の試合を観るのを楽しみにしている。

画像



神宮球場で中学・高校時代の友人と再会したので、
久しぶりに一緒に飯を食ってから、竹芝桟橋に赴いた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント