喜劇王ビギンズ~キーストン時代のチャップリン~

少し前になるが、久しぶりに映画史のHPを更新した。


僕が映画を好きになったそもそものきっかけは小学生時代にチャップリンに出会ったことだったのだが、
改めてチャップリンを取り上げることにした。

画像



後の喜劇王チャールズ・チャップリンも、最初から大物だったのではない。
マック・セネット率いるキーストンで映画界に入ったチャップリンは、ここで映画作りのノウハウを学ぶ。
それと同時に、瞬く間にスターダムにのし上がっていく。

画像


正直、この時期のチャップリンのキャラクターは、後のものとは大きく違う。
後の優しいチャップリンではなく、小ズルい悪党の姿である。
だから見ていて戸惑うかもしれない。
しかし、そんな中にも後の喜劇王の片鱗が時折見えるのが興味深いともいえる。

画像



「喜劇王ビギンズ~キーストン時代のチャップリン~」
http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/SILENT/10-2CHAPLINKeystone.htm

ぜひ一度ご覧になってください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント