欲望の翼~マニラ~

マニラに戻ったので、再び市内を散策することにした。


宿のあるマラテから、北に向かって歩いた。


リサール公園へ。

画像


城壁に囲まれたイントラムロスは、この公園に接している。

イントラムロスの西側に、こんな像を見つけた。
コラソン・アキノ元大統領と、その夫ベニグノ(ニノイ)・アキノの像だ。

画像


ニノイ・アキノは、今では国際空港の名前にもなっている。

画像


コラソン・アキノ元大統領。
しかし、その手はあの“L”サインではないようだ…。

画像


イントラムロスの中に入ったが、
少々歩いて疲れたので、ぺディキャブに乗ることにした。

画像


画像


この歴史のありそうな建物は旧中央銀行だという。

画像


その向かいの公園にはメキシコとの友好を示す碑。

画像


メキシコ大統領アドルフォ・ロペス・マテオスの像。

画像


ぺディキャブは、イントラムロスを抜けて、チャイナタウンへ。

画像


ドライバーに、チャイナタウン内の教会をいろいろ案内してもらうことにした。

まずはビノンド教会。
チャイナタウンとはいってもキリスト教の教会が多いようだ。

画像


画像


サンタ・クルーズ教会。

画像


キアポ教会には、人が溢れている。

画像


画像


そうか、今日は日曜日、教会に行く日だ。

画像


聖セバスチャン教会。
ここは珍しい鉄製の教会である。

画像


画像


最後に大統領官邸であるマラカニアン宮殿へ。
中に入るには予約がいるということだったので、外から眺めただけだった。

画像


画像


ここを舞台に繰り広げられた、コラソン・アキノが、フェデル・マルコスを倒した1986年の革命は今でもよく覚えている。


いまや、マルコスもコラソンも亡くなり、
元大統領はコラソンの息子のベニグノ・アキノ三世。
時は随分と流れたものだ。
ちなみにイメルダ・マルコス夫人はまだ存命らしい。


昼食はチャイナタウンで。

画像


カエルの足のフライ。

画像


魚の酢豚。

画像


ふと足元におねだりする子が。

画像



食後は国立博物館を見学した。

画像


フィリピン美術の展示が多いのだが、正直その方面には明るくない。

画像


画像


帰りは馬車でゆったりと。
1500ペソ(約3700円)とぼったくりだったが、手持ちが1000しかないと言ったらあっさりディスカウントしてくれた。
結構いい加減なものである(笑)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

ねぶた
2016年01月17日 00:08
ブログ始めました。
2016年01月17日 07:20
で、URLは?