今走り出せば~東京六大学野球~

今季初めて東京六大学野球を見に神宮球場へ出かけた。
早稲田は明治と対戦する。

画像


昨年、春秋と連覇を遂げた早稲田。
今季も優勝戦線に加わると思われた。
それが、東大には勝ったものの、法政と立教に破れ、
現在5位と低迷している。


一方の明治は、東大、慶応、法政と撃破して首位を独走中。
早稲田はどこまで食い下がれるか。

画像


スタメン。

画像


1二 真 鍋(4年・早実)
2中 中 澤(4年・静岡)
3右 三 倉(3年・東邦)
4遊 石 井(4年・作新学院)
5一 立 花(4年・千葉英和)
6左 八 木(3年・早実)
7三 木 田(4年・成章)
8捕 吉 見(3年・早実)
9投 竹 内(4年・松阪)

打線は去年から大幅に顔触れが代わっている。
しかし、真鍋、八木、吉見と甲子園や都大会で活躍した早実OBが顔を揃えているのが頼もしい。

先発投手は竹内(4年・松阪)

画像


明治の先発はプロ注目の主将の柳(4年・横浜)。
その柳が、三振の山を築く。4回終えて9奪三振。
結局8回までに11奪三振を奪った。

画像


一方の竹内もゴロを打たせて要所を抑え無失点。

画像


しかし4回裏、明治の攻撃は1死から4番牛島(4年・門司学園)がレフトスタンドへソロアーチ。
早0―1明

画像


このまま完全試合を食らうのではないかというくらい柳を打てない早稲田だったが、
6回表、先頭の木田がレフトスタンドへソロアーチで同点に追いつく。

画像


8回表、先頭の八木が四球で出塁。
なんと木田が送って、吉見のタイムリー2塁打で早稲田が勝ち越す!
早2―1明

画像



その裏、明治が1死2塁となったところで、サブマリン吉野和也(4年・日本文理)がマウンドへ。

画像


しかし、四球と安打で満塁に。
佐野恵太(4年・広陵)のタイムリーで同点。

画像


ここで早稲田は小島(2年・浦和学院)を投入。
後続を断つ。

画像


明治は9回のマウンドは2人目の齊藤(3年・桐蔭学園)

画像


試合は延長戦へ。
明治は10回から3人目の投手で星(4年・宇都宮工)を投入。

画像


10回裏、明治は2死2塁から佐野恵太がライト前にヒットを放つが、
ランナーをホームで刺し間一髪!

画像


11回裏、明治は先頭の牛島。
レフトスタンドへの一発が飛び出し…

画像


早稲田は2―3と破れる。

画像


首位明治を苦しめたが、早稲田最後は力尽きた。
しかし、まだ終わったわけではない…。
東大が好調な今季、このまま明治と慶応に負けると、
早稲田が最下位の可能性すらあり得る。
これはもう、なんとしても勝ってもらわなければならない。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント