大進撃~東京六大学野球・早東戦~

僕はアマチュア野球の観戦が大好きである。
もっとも専ら母校である早稲田大学と、早稲田実業学校の試合に限られるのではあるが…。
残念ながら島にいるとなかなか見に行く機会が作れない。

画像


今季の東京六大学野球も3カード目になるまで見に行くことができないでいた。
母校早稲田は、法政には勝ったものの、立教に勝ち点を落とし、すでに優勝には後がない状況となっている。


その早稲田が東大と対戦する。

六大学で唯一優勝のない東大。
今季もすでに4連敗スタートでまだ勝ちがない。
早稲田は本来なら楽勝できるはずである。
ところが、今季の早稲田は投手が今一つピリッとしない。

一方、ここまで登板を回避していた東大のエース宮台(3年・湘南)は、プロ注目の好投手でもある。
これひょっとしたら足下を掬われる可能性もある。
現に春は1―0で辛勝している。


さて、聖地・神宮球場へやってきた。


前の試合、明治―法政戦は、明治が大量リード中。

画像


プロ注目の柳投手(4年・横浜)を見たかったが、ちょうど代わったところだった。
同じくプロ注目の牛島捕手(4年・門司学園)は見ることが出来た。

画像



結局、明治が10―2の大差で圧勝した。

画像


次いで、早稲田―東大戦。

画像


東大の宮台は今日もマウンドに登らず、先発は1年生の小林(横浜翠嵐)だった。

画像


一方の早稲田の先発は小島(2年・浦和学院)。
エースの大竹(3年・濟々黌)はベンチにも入っていない。

画像


先制したのは東大だった。
2回表、2死満塁から、小林が2点タイムリーを放つ。

画像


早稲田は苦しいスタートとなってしまった。

画像



早稲田は小林を打ちあぐねていたが、
4回に木田(4年・成章)が1死からエラーで出塁すると、
佐藤晋甫(3年・瀬戸内)四球。
中澤(4年・静岡)のタイムリーでようやく1点を返す。

画像


続く小藤(1年・日大三)は二ゴロでゲッツーかと思いきや、送球が逸れ、
さらに1点追加で同点に追いついた。

画像



ここまで好投の小林だったが、制球が乱れてきた。
5回裏は2死から連続四球の後、
木田にタイムリーが飛び出す。
早稲田が逆転した。

画像


さらに佐藤晋甫もタイムリーで、
早稲田4―2。


結局、小林は6回裏、先頭打者に四球を与えたところで降板。
柴田(3年・洛星)がマウンドへ。

画像



7回からはナイターになった。

画像



今の東大は最後まで諦めない。
8回表、東大は連打で無死1、2塁。
1死2、3塁から4番田口(3年・西大和学園)、5番楠田(3年・東邦)をフライに打ち取り、なんとか抑えた。

画像



9回にも四球と死球もあって2死満塁となってしまう。

ここで小島が下がり、早稲田は2人目の柳澤(3年・広陵)をマウンドへ送る。

画像


ここで代打に宮台が登場。

画像


サードへの鋭い打球に、木田が飛び付き試合終了。
4―2で早稲田がなんとか勝ちを収めた。

画像



実に苦しい試合であった。
4回のエラーが無ければ、東大に負けていたかもしれない。
東大が強くなっているとはいえ、これでは優勝奪還は厳しいだろう。

終盤、宮台が投球練習をしていた。
ひょっとすると明日の先発は宮台かもしれない。
明日の試合も苦しくなるだろう。
今は試練の時と思って、粘り強く勝って欲しいものだ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント