栄光の架橋~東京六大学野球優勝争い~

東京六大学野球の優勝争いも大詰め。

先週行われた早稲田―明治戦。
ここまで無傷の6連勝で首位を走る明治を相手に、
早稲田は初戦を延長の末に落としてしまう。
しかし、優勝に王手をかけた明治を、
早稲田がそこから連勝で破り勝ち点を奪う。

その結果、明治、立教、早稲田、慶応が勝ち点3で並ぶこととなった。


現在の順位は次の通り…


1位 明 治 7勝2敗 勝ち点3 .778
2位 慶 應 6勝3敗 勝ち点3 .667
3位 早稲田 7勝4敗 勝ち点3 .636
4位 立 教 6勝4敗 勝ち点3 .600
5位 法 政 2勝8敗 勝ち点0 .200
6位 東 大 1勝8敗 勝ち点0 .111


やはり首位の明治が有利で、
立教戦で勝ち点を取れば優勝が決まる。

しかし、立教が勝ち点を取った場合、
早稲田にも優勝の可能性が出てくる。

立教2―1明治の場合、
早慶戦で勝ち点を取った方が優勝。

立教2―0明治の場合は、
早慶戦で早稲田が2連勝すれば早稲田の優勝となる。
(ちなみに早稲田が
2―1だと立教優勝。
1―2だと慶応と立教による優勝決定戦。
0―2だと慶応優勝となる。)


まずは今週の明治―立教戦でなんとしても立教に勝ってもらわなくてはならない。
プロ注目の柳(4年・横浜)、星(4年・宇都宮工)の2枚看板の明治は強力だが、
立教も田村(4年・報徳学園)、澤田圭佑(4年・大阪桐蔭)の2本柱を擁する。
決して可能性がないわけではない。


ちなみに注目といえば、裏天王山の
東大―法政戦もおもしろい。
2002年以来の勝ち点奪取を狙う東大だが、
ここまで投げられなかったエースの宮台(3年・湘南)が立教戦で復帰。
まだ本調子ではないようだが、今季初勝利をあげた。


残念ながら今季はもう神宮球場には行けなさそうだが、
必ずや早稲田は優勝を勝ち取ってくれることだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント