真田丸

ここ数年、大河ドラマは欠かさず観ている。
僕は歴史が好きなのでとにかく観ていて面白い。
とりわけここ数年は和製ジャンヌ・ダルク(八重の桜)や、吉田松陰の妹(花燃ゆ)といった割りとマイナーな人物を取り上げているので、
結末がわからずハラハラするということもあった。

画像


今年の大河ドラマは「真田丸」。
主人公真田幸村(信繁)は、大阪の陣で豊臣方を率いて徳川家康を苦しめた武将である。
その「真田丸」も最終回を迎えた。

サッカーのクラブワールドカップの試合も気になっていたのだが、
取り合えず「真田丸」のほうを観た。


大阪夏の陣で豊臣方が徳川方に破れ、真田幸村も死んでしまうというのは、歴史的事実であるのだが、
僕はひょっとしたらと思っていた。


というのも、徳川家康には実は大阪の陣で討ち死にしたのだという説がある。
確か子供の頃にテレビで観た映画のラストは、家康が幸村に首をはねられるというものであった。
また、真田幸村にも生存説がある。
豊臣秀頼を奉じて九州へ落ち延びたという。
(写真は大阪城)

画像


結末はともかくとして、さすがは大河ドラマ通の三谷幸喜の脚本だけに、
最終話までさまざまな遊びや仕掛けが凝らされていた。

敗走した幸村が、寺まで逃げ延びたところに徳川方の追っ手がやってくる。
そこで、追っ手を倒す手段というのが、父昌幸が死の間際に孫の大助に授けたやり方なのである。
かなり前にしっかりと伏線が張られていたのである。


また、史実を基にしたストーリーのため、講談や映画の真田十勇士の出演は無いものと思われていたが、
最後にほんのちょこっと十勇士を思わせる家臣団が登場。
しかも、三谷脚本のスピンオフドラマ「ダメ田十勇士」のキャラクターだったりする。


ただ、僕が出るのでは無いかと予想していた幸村役の堺雅人の「半沢直樹」での名セリフ、
「やられたらやり返す、倍返しだ」はついに登場しなかった。


ラストのラストに壮大なネタが用意されていた。
幸村の兄・真田信之が、その後松代藩主となることが語られ、
幕末に佐久間象山を産み出したことが語られる。
いささか唐突で、すぐには意味がわからなかったのだが、
しばらくして思い出した。
そうか、「新撰組!」の冒頭だ。

同じ三谷幸喜脚本の大河ドラマ「新撰組!」の第1話の冒頭に、佐久間象山が登場し、
坂本龍馬や近藤勇を連れて黒船を見に行くというシーンがあったのだ。

ただ、どれだけの人がこの仕掛けに気づいただろうか?



残念ながら、幸村は徳川方に破れてしまった。
せめて、サッカーのほうは。
チャンネルを変えると、鹿島アントラーズはレアルマドリード相手に2―2のタイスコア。
お、これは!?

残念ながら延長戦の末、2―4で破れてしまったが、
世界一を相手にあり得ないほどの大健闘だった。


来年の大河ドラマは「おんな城主 直虎」。
女ながら井伊家の家督を継いだ井伊直虎が主人公となっている。
これに対しても、「真田丸」に遊びがあった。
大阪冬の陣で幸村が立て籠る真田丸と徳川方の井伊直孝軍が対峙する場面がある。
井伊軍を眺めた幸村は、「向こうにもここに至るまでの物語があるのだろうな。」と語る。
それに対して家臣の高梨内記は「一度聞いてみたいものですなあ。」と答えている。
井伊直孝は、直虎の甥でその後を継いだ井伊直政の子に当たる人物。
さりげなく登場人物に次の作品を告知するとは粋な演出ではないか。


来年の大河ドラマも楽しみである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント