パクチー~今年の一皿~

12月5日(月)、今年の世相を反映し象徴する2016年の“今年の一皿”に、「パクチー料理」が選定された。

https://gri.gnavi.co.jp/dishoftheyear/

飲食店情報サイト「ぐるなび」によって発表されたもので、
ぐるなびの検索データと会員によるアンケートから今年話題になったキーワードを複数選出。
審査を経て15のノミネートの中から、決定したとのことである。


かくいう僕も、パクチーは大好きである。
もともとはそれほど意識していなかったのだが、
ネパールに2年間住んだ時に、すっかり好きになってしまった。
なにしろ、ネパールでは、料理にダニヤ(ネパール語でパクチーのこと)をふんだんに使う。

画像


ネパール時代に日本人仲間とすき焼きをやった時は、
手に入らない春菊の代わりにダニヤを使ったところ思いのほか美味しかった。

また、帰国後もインスタントラーメンにダニヤを使うと、
どことなくエスニックの雰囲気が出てくる。

画像



確かに、最近パクチー料理というのが目立っている印象がある。

とある中華料理屋では、メニューにパクチー餃子があった。

画像



日暮里の中華料理「深圳」には、「ラム肉とパクチーの炒め飯」というメニューがあった。
さっそく注文すると…

画像


山盛りパクチーでラム肉が見えない…

パクチーを掘り進めると、
ようやく肉が見えた。

画像



横浜中華街の入口近くには、パクチー料理専門店「パクチージョーズ」がある。

画像



料理はすべてパクチー三昧。
パクチー生春巻。

画像


ほとんどパクチーそのままのパクチーサラダ。

画像


パクチーピザ。

画像


ビールにまでパクチーが入っている。

画像



そんなわけだから、パクチー料理が今年の一皿に選ばれたというのは、
時代がようやく僕に追いついたといった印象(笑)


ちなみに他の入賞は以下の通り。

準大賞:ワイン
特別国際賞:シュラスコ
特別賞:こうじ甘酒 進化形餃子 ローストビーフ丼



それにしても、こんな記事書いてたら、パクチーが食べたくなってきた。
三宅島ではなかなかパクチーが売っていないので、
思い切って自分でパクチーを栽培してみようかしらん(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント