ホームラン~WBC・日本―キューバ戦~

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、侍ジャパンの初戦があった。
日本はキューバと対戦し、11―6の快勝であった。


1―1の同点で迎えた4回裏、2死2塁から山田哲人(ヤクルト)の打球はレフトスタンドへ。
勝ち越しの2点ホームランかと思ったが、
リプレイ判定に。
なんと、打球を観客がキャッチしている。
ホームランかは微妙なところだったが、2塁打と判定された。


しかし、日本はその後5回に5点を追加し大きくリードを奪うと、
キューバの反撃を凌いで勝ち切った。


それにしても、キューバもかつて程強くなくなったという印象である。
日本から6点奪ったように打線は強力だが、
6人の投手全員が失点している。
やはり、選手の亡命が相次いでいることが原因だろうか…。



日本は次は今日8日(水)にオーストラリア、10日(金)に中国と対戦である。
オーストラリアには2004年のアテネオリンピックで日本を2度倒し準優勝している。
中国も前回WBCでは日本相手に2―5と健闘した。
決して油断せずに着実に勝ちにいって欲しい。


そういえば、イスラエルに破れた韓国が、
昨日はオランダにも連敗し、第2ラウンド進出に黄信号が灯った。
2013年のWBCは、韓国が第1ラウンド敗退で日韓戦がなく何か物足りなかった。
なんだかんだで日韓戦は盛り上がるからである。
今日行われるオランダ―台湾戦でオランダが勝つと、
オランダとイスラエルの第2ラウンド進出が決まる。
台湾がオランダに勝って混戦に持ち込むかどうか注目される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント