虹をみたかい~斎藤佑樹復活?~

早稲田実業出身のプロ野球選手というと、現役では日本ハムの斎藤佑樹投手がいる。
(写真は2012年3月の東日本大震災復興支援試合・日本-台湾戦での斎藤)


画像


ご存知のように、2006年夏の甲子園で優勝。
ハンカチ王子ブームを巻き起こす。
進学した早稲田大学でもエースとして活躍。
2010年秋には主将として大学日本一にも貢献した。

2010年のドラフト会議で、ヤクルト、ロッテ、日本ハム、ソフトバンクの4球団から1位指名を受け、日本ハムに入団。

2011年4月17日のロッテ戦に先発しプロデビューを飾ると、5回4失点で勝利。
ケガで一時離脱したもこの6勝6敗、防御率2.69とまずまずの成績を残した。

2012年は開幕投手に選ばれ、西武戦で1失点完投勝利すると、
続く4月20日のオリックス戦では初完封勝利。
ついに目覚めたかと思いきや、その後なかなか勝ちに恵まれず、
5勝8敗、防御率3.98に終わる。

2013年以降は苦しい状況が続き、2015年までの3年間でわずか3勝(5敗)。
2015年9月16日のロッテ戦での勝利以来、勝ち星にも見放されている。


その斎藤がこのところ2軍で調子をあげているらしい。
今季は4月6日のロッテ戦で5回3失点とまずまずの結果を残したが、
その後26日に2軍の楽天戦で初回に7失点するなど調子があがらずにいた。
それが、5月17日の2軍DeNA戦、24日の2軍巨人戦で共に5回無失点と好投している。
ついに31日の交流戦・DeNA戦での先発が決まった。


斎藤にはこれまで散々期待しては裏切られてきた。
もちろんそれなりの活躍はしているとは思うのだが、
プロ入り時の期待が大きかったからこそ、その思いが強い。
しかしその斎藤も今年29歳。
プロ選手として後がない状況に追い込まれている。
今度こそは…とまたしても期待してしまう自分がいる。

2006年夏。
灼熱の甲子園で、これ以上ないほどの感動を与えてくれたのを今でも忘れていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント