えんじの唄~東京六大学野球・早慶戦~

東京六大学野球・伝統の早慶戦が開催された。
今季は、早稲田はすでに優勝争いから脱落。
立教と慶応による優勝争いとなっている。

早慶戦で、慶応が2連勝すれば慶応優勝。
早稲田が1勝でもすれば立教優勝という状況だ。
慶応のライバル早稲田としては、
なんとしても慶応の優勝を阻止したいところである。

残念ながら神宮球場に駆けつけることは叶わなかったが、
今季はネットによって中継されている。
それを見ながら早稲田を応援した。


画像


試合は、序盤は早稲田・小島(3年・浦和学院)、慶応・高橋佑樹(2年・川越東)の投手戦の様相であったが、
6回裏に慶応が清水翔太(4年・桐蔭学園)の満塁ホームランで4点を先制。

しかし早稲田も7回表、佐藤晋甫(4年・瀬戸内)のソロホームランで反撃開始。
代打・熊田(4年・早実)の2点タイムリーなどで、
一挙に5点を挙げて逆転に成功する。

マウンドに上がったのはルーキーの早川(1年・木更津総合)だったが、
投球が安定せず、1死満塁にすると、
柳町(2年・慶応)が満塁ホームラン。
まさかの1試合2満塁アーチで、慶応が逆転。

そのまま、5-8で早稲田は慶應に破れてしまう。

これで慶応が優勝に王手をかけた。
しかしまだ終わったわけではない。
明日の第2戦に期待しよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント