祭りのあと~東京六大学野球終了~

東京六大学野球・伝統の早慶戦。
第3戦は結局、慶応の勝ちだった。

慶応が3点を先制。
早稲田も追い上げを見せたが届かず、
3―4で敗戦。


5校に優勝が残るという史上稀に見る混戦だったが、
早稲田は結局6勝6敗の勝ち点2で4位。
ライバル慶応の優勝を阻止するという意地は見せたものの、今一つ振るわない結果であった。


しかし明るい話題もある。
三冠王を期待された加藤外野手(2年・早実)は、3打数無安打であったものの、
打率.375で首位打者を維持し、満票で初のベストナインを獲得している。

他にも八木健太郎外野手(4年)、織原三塁手(4年)、二山投手(4年)、熊田外野手(4年)ら早実出身の選手が活躍したのも嬉しかった。


秋こそは早稲田の優勝奪還を、それも目の前で見たいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント