勇気100%~斎藤佑樹復活~

日本ハムの斎藤佑樹投手(早実→早稲田大)が帰ってきた。
31日に行われたプロ野球交流戦、DeNA戦に斎藤は先発出場した。


せっかくの試合なのに、テレビで放送がないというのはもったいない。
ネットの速報を見ながらはらはらしていた。


その斎藤、1回表、先頭打者にいきなりヒットを打たれるも、そこは併殺で切り抜ける。
その後も、ランナーを背負いながらも要所を絞め、
5回まで4安打無失点。

打線は1回裏に中田翔(大阪桐蔭)のタイムリーで先制すると、
5回には2点タイムリー二塁打。
7回にも2点タイムリー二塁打と、計5打点の活躍を見せた。
中田というと大阪桐蔭時代、2006年甲子園で早実と対戦。
斎藤佑樹に4打数無安打3三振を喫している相手だけに、なにやら因縁を感じる。


斎藤は結局、6回表に桑原(福知山成美)に二塁打を打たれたところで降板。
桑原が返ったために、5回0/3、5安打無四球1失点ということになったが、
2015年9月16日のロッテ戦以来、623日ぶりの勝利をあげることができた。


毎年、今年こそはと斎藤に期待し続けてきただけに、
彼の勝利はかなり嬉しい。
とはいえ、この勝利を持って“復活”と軽々しく言うのもためらわれる。
まだ、1勝に過ぎない。
本人も「1勝、2勝で終わるわけにはいかない。」と語っていたことにつきるだろう。
プロ7年目で通算15勝(21敗)。
甲子園で、神宮で雄姿を見続けてきたエースの成績にしては物足りない。
今季もまだ半分以上残っている。これからの登板にも期待しよう。
そして、いつか彼がプロで投げる試合を見てみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント