My Dear Fellow~斎藤佑樹~

日本ハムの斎藤佑樹投手(早実→早稲田大)が、14日の中日戦に今季4度目の先発出場した。
今季2勝目を目指しての登板であったが、残念ながらまたしても勝ち星をあげることはできなかった。


テレビ中継が無かったので、ネットの速報を見ながら見守ったが…。

初回がすべてだったろうか。
1回表、斎藤は1死から連打と四球で満塁にされると、
ゲレーロと藤井に連続2点タイムリーを打たれ、
一挙に4失点。
またしても、悪い癖が出た。


ところが、この日の斎藤はいつもとは違った。
そこから見違えたように立ち直り、
2回かは5回までを一人もランナーを出さないパーフェクト・ピッチングを見せたのだ。

一方、日ハム打線は、
2回表に中田のソロホームランで1点を返す。
6回表には斎藤に代打が出されたが、
2死1、2塁から中田が2点タイムリーを放つ。
さらにレオードもタイムリーで同点に追い付き、
斎藤の負けが消えた。
2死1、3塁となり、あと1本出れば勝ち投手の権利まで舞い込むところまで行くが、
残念ながらそれ以上の得点はならなかった。

斎藤はこの日は5回4安打4失点。
終わってみればまずまずの結果だった。
この分なら次こそは勝ちが期待できそうだ。

ちなみに斎藤は5回表に打席に立ち、四球を選んでいる。


中日の捕手は杉山翔大(東総工→早稲田大)だった。
杉山は斎藤の2学年下で大学時代にバッテリーを組んだこともある。
この2人の対戦も楽しみだったが、
杉山は2打席連続内野ゴロに倒れた。
それにしても杉山は今季は打率0.70と苦しんでいる。
4月22日以来ヒットが無く、斎藤以上に心配だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント