ファイト!~東京六大学野球~

高校野球は終わってしまったが、東京六大学野球のリーグ戦はまだまだこれから。
しかし、我が母校・早稲田大学は昨年に続いて苦しんでいる。

画像


開幕カードの立教戦に1-2、2-4とストレートで連敗。
これで昨秋からの連敗が6まで延びた。


先週の明治戦は、初戦こそ3-2と逆転勝ちを納めたものの、
2戦目は投手陣が崩壊。
3-15と記録的な大敗を喫す。

2桁失点というのは、東大の場合よくあるのだが、
早稲田が食らうのは滅多にない。
2016年春に明治に5-11、秋に立教に7-10というのはあったが、
10点差以上となると、2011年春に立教に2-13、法政に1-11というのがあって以来である。

もっとも、4月28日には北東北大学野球リーグで八戸学院大が八戸工大に32-2(7回コールド)というのがあってそれには負けるが、
不名誉な結果であることには違わない。

早稲田は3回戦も4-9で破れ、ここまで1勝4敗の勝ち点0。
4連敗でまだ勝ち星のない法政と東大を辛うじて上回る4位ではあるものの、
早くも優勝戦線から脱落した。

もちろん、まだ優勝の可能性が完全に消えたわけではないのだが…。
優勝するための条件は次の通り。
早稲田が残りの3カード(東大、法政、慶応)に6連勝する。
その上で、最下位の東大と法政が慶応と明治に2連勝し、
慶応、立教、明治の3校が2勝1敗で三すくみにならなければならない。
ほとんど奇跡を祈るに等しい。


優勝なんて贅沢は言わない。
早稲田は昨秋は東大と並ぶ最下位であったのだから、
まずは来週の東大戦にきっちりと勝ち、少しでも上の順位を目指して欲しい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック