がむしゃら行進曲~東京六大学野球・早法戦~

東京六大学野球で現在低迷している早稲田大学。
先日の東大戦では2連勝し、なんとか最下位を脱出した。

もっとも、1回戦は1―0のサヨナラ勝ち。
2回戦も5―3と逆転勝ちという内容で、東大相手に負けてもおかしくない内容だった。

一方の優勝争いは慶応と明治に絞られた。
先週、立教が明治に破れたため、微かに残っていた早稲田の優勝の可能性も完全に消滅した。

しかし、東京六大学野球が終わったわけではない。
この後、法政、慶応に連覇すれば、最大2位になる可能性は残っている。


というわけで、法政vs早稲田の1回戦を観に出かけた。


神宮球場に着くと、前の試合は天王山の慶応vs明治の試合中。
9回表を迎え、明治が3-1でリードしている。

画像


9回表、明治は1死2、3塁と大きな追加点のチャンスも、
慶応の田中裕貴投手(4年・芝)が後続を断つ。
後になって考えると、ここで明治が追加点を奪えなかったのは大きかった。

画像


結局、慶応が9回裏に2点を追いつき、
10回裏にサヨナラで4-3と逆転勝ちを納めた。

天王山の初戦を取り、まるで優勝したかの盛り上がり。

画像



続いて、早稲田vs法政である。

画像


画像



法政はエース菅野(4年・小高工)の先発。

画像


早稲田は2死1塁から4番加藤(3年・早実)のタイムリー2塁打で先制。
甲子園でも活躍した早実OBがいきなりの活躍を見せた。

画像


早稲田の先発はエースで主将の小島(4年・浦和学院)
今季の早稲田は投手陣が不安である。
(防御率はリーグ5位。最下位はもちろん、東大。)

画像


先頭打者にいきなりヒットを打たれる。
だが、今日の小島はここから粘りの投球で無失点。


3回には岸本(4年・関大北陽)のソロアーチで追加点。

画像



今日の小島は安心して観ていられる。
7回には無死1、2塁のピンチも切り抜ける。

画像


8回裏、早稲田は小太刀(4年・日本文理)が2死満塁から走者一掃の3点タイムリー2塁打で、
法政を一気に突き放す。

画像


法政は菅野が下がって、三浦(1年・福岡大大濠)がマウンドへ。

画像


早稲田が5-0とリードして、
小島の完封勝利も目前。
9回のマウンドにも登る。

画像


しかし、法政は向山(4年・法政二)がソロアーチで1点を返す。

画像


さらに1、2塁とピンチを招くも後続を断ち、
早稲田が5-1で先勝した。

画像



今日の早稲田は投打がかみ合っていた。
最後に1点取られたものの、快勝といっていい。
このままの勢いで明日も勝ち、
早慶戦も連勝として、秋につなげてもらいたい。

それにしても去年は2回観に来て1度も早稲田は勝てなかった。
勝ち試合を観たのは2016年秋の東大戦以来ということになる。
これからはもっと勝ち試合が観られるといいなあ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント