ちはやふる・結び

競技かるたをテーマとした映画「ちはやふる・結び」を観た。
2016年の「ちはやふる・上の句」「ちはやふる・下の句」から2年を経て製作された続編・完結編である。


画像



原作漫画は現在でもまだ連載が続いている。
にも関わらず「完結編」と銘打っているのだから、
原作との相違も気になるところ。


2年ぶりの続編ということであるが、物語も前作の2年後、
綾瀬千早(演:広瀬すず)たちが高3になったところから始まる。
部長の真島太一(演:野村周平)は受験を理由にかるたを辞め、
新たに新入部員を加えた瑞沢高校競技かるた部が全国一を目指していく。

以下、ネタバレも含むため、未見の方はまず映画本編をご覧になることをお薦めする。


今回特に感じたことは、2年前と比べて各キャラクターに成長の跡が見て取れたことである。
それが、現実の俳優陣の成長ともオーバーラップする。
2年前、主役の広瀬すずは知名度こそあったものの、主演作というのは「学校の怪談」と「海街Diary」ぐらい。
ましてや他のキャストはほぼ無名だった。
それが、野村周平を始め、新田真剣佑(当時は「真剣佑」/綿谷新役)、上白石萌音(大江奏役)、矢本悠馬(西田優征役)、松岡茉優(若宮詩暢役)らがこの2年間に俳優としての飛躍を遂げている。

また今回新たに加わった出演者陣も好演していた。
千早たちの後輩として、筑波秋博(演・佐野勇斗)と花野菫(演・優希美青)が入学してくる。
原作では千早たちの1年後輩である2人が映画では2年後輩となっていた。
筑波は原作では北海道の下の句かるたの経験者だが、映画では田丸翠のキャラクターを一部引き継ぎ競技かるた経験者として描かれる。


周防久志名人役の賀来賢人も好演していた。

また、映画オリジナルキャラクターとしてクイーン戦で詩暢に破れる我妻伊織(演:清原果耶)が登場する。
彼女は、東西挑戦者決定戦で千早を倒し、高校では新の後輩である。

原作の瑞沢高校競技かるた部は、千早達の2年時に近江神宮の高校選手権で優勝し全国制覇。
太一を欠いた3年時も準決勝まで進出するも破れ、
3位決定戦で新率いる藤岡東高校と対戦する。
それが映画版では、2年時は3位に終わり、3年時の決勝で瑞沢と藤岡東が対戦する。


冒頭の名人戦の会場で、新は千早に「好きや」と告白する。
戸惑い、それに答えることの出来ない千早。
太一もまた新が千早に告白したことを知り動揺する。
千早、太一、新の三角関係はこの作品の大きなテーマだが、
今作ではむしろ新の三角関係がクローズアップされる。
新の幼馴染みの伊織は何度も新に告白するも撃沈。
近江神宮で千早が、新の想う相手だと知った伊織は、千早に対して対抗心を持つ。


そして、近江神宮の決勝の大舞台で、千早と伊織の再戦が決まる。
そして新の前には、帰ってきた太一の姿があった…。

かるた部を辞めた太一は、自分を見つめ直すため、予備校講師として太一の前に現れた周防にかるたの指導を受ける。
周防は、そんな太一を自らの予備校講師のアシスタントとして京都へ連れていく。
講義が終わって、周防は黒板に「花の色は」の歌を書き、
「世界には二度と取り戻せない光がある」と語る。
そして、太一に「君はこんなところにいていいのか?」と投げかける。
それを聞いた太一は、千早達の戦う近江神宮へ向かっていた…。

しかし、1つ疑問がある。
いくら部員であるからといって、いきなり駆けつけて大会に飛び入りで出られるのだろうか?
事前に選手登録していない選手が大会に出るのは不可能だ。
おそらく千早たちは、太一も瑞沢の一員であることを忘れないため、彼の名前を一応選手登録していたのだろう。
ただ、そのことを事前に観客に知らせてしまうと、太一が駆けつける伏線として気づかれてしまう畏れがある。

原作者の末次由紀は、原作では高校選手権の先に名人・クイーン戦があるため、太一を戻ってくることにはしなかったが、
「高校3年間で燃え尽かせようと思ったら、あそこで太一を出さないで終わらせるなんてことは絶対にない」と語っている。


かくして、瑞沢と藤岡東の対戦が幕を開けるが、
それは千早をめぐっての太一と新、
新をめぐっての千早と伊織の戦いともなっていた。
原作と異なる展開となり、果たしてどうなるのか先がわからなくなる。

藤岡東がまず1勝。
太一と千早も劣勢に追い込まれ絶体絶命の瑞沢。
だが、瑞沢はそこからチームワークを発揮し粘り、
遂に残り4組がすべて残り札1枚―1枚の運命戦となってしまう。
残った札は千早陣に「しの」、西田陣に「こい」。
敵陣を抜いた太一と筑波が札を送る立場。
すでに1敗している瑞沢が逆転勝ちするためには、
「札合わせ」に持ち込まなくてはならない。
太一と筑波が、千早もしくは西田のどちらかの札と同じ札を持つようにして、手元の札を守り切り、
3勝2敗となるようにするのである。

この時点で「しの」は2字決まり、「こい」は1字決り。
運命戦のセオリーでいくと、決まり字が長いほうの札を相手に送ることになる。
敵陣に長い札があれば、抜きに行くチャンスがあるし、
何よりも、相手がお手付きをする可能性もある。

どの札を送るかは太一に委ねられた。
太一は師匠である原田先生の「運命戦は、運命じゃない」という言葉を思い出していた。


「しの」と「こい」の札は、
太一の千早への思いに気づいた菫に、奏が歌にまつわるエピソードを語る場面で登場する。

  しのぶれど色に出でにけり我が恋は 物や思ふと人の問ふまで 平兼盛
  恋すてふ我が名はまだき立にけり 人知れずこそ思ひそめしか 壬生忠見

この2つの歌は歌合わせの場で、「しのぶ恋」の題で争われた。
どちらの歌も甲乙つけがたく、判者の藤原実頼は判断に迷ってしまう。

太一が自陣に残した札は「しの」であった。

実際の歌合わせでは、天皇が「しのぶれど…」と口ずさんだのを聞いた実頼が兼盛の勝ちとしたが、
試合で読手が読み上げた札もやはり「しの」だった。
瑞沢が逆転で勝利し、全国制覇を決めた。


望月仁弘・元名人は周防名人のモデルの1人とされているが、
かつて近江神宮の名人戦で、種村貴志・永世名人に挑戦した際、
運命戦で「あきの」の札を残した。
果たして「あきの」が読まれて、名人位を獲得することになるのだが、
その後のインタビューで天智天皇を祀る近江神宮だから天智天皇が詠んだ「あきの」札を残したのだと語っていた。
僕自身もかるたを20年以上やって来ているが、そうした人智を超えた何者かが試合を支配しているように感じることは何度もあった。

実際の歌合わせでは、兼盛の勝ちとした判者の実頼は果たしてそれで良かったのかとその後もずっと悩んでいたという。
敗れた忠見もあまりの悔しさに食が喉を通らなくなりそれがもとで死んだとも言われている。
兼盛と忠見の「しのぶ恋」をめぐる争いに、太一と新の千早をめぐる戦いがオーバーラップする。


太一の告白に答えを言っていなかったことを思い出した千早は、太一を連れて新のもとへ行く。
ついに、3人の恋に決着がつくのか?
緊張が高まる。

千早の言葉は「私、もっとかるた強くなりたい」。
恋の戦いはまだまだ終わらない。


長い原作をここまでうまくまとめあげている。
もちろんカットされている部分も多いのだが、そうした原作のエッセンスは様々な形で散りばめられている。
例えば、原作での瑞沢高校のライバルである静岡県の富士崎高校は映画には登場していない。
だが、その顧問の桜沢翠先生を思わせる人物が、東京都予選の場面に姿を前に見せている。
敗れた選手たちを「来年1度も負けない夏にするのはあなたたちよ。」と叱咤激励する。
学校名は違っていたが、その後ろ姿は確かに桜沢先生だった。
この言葉は千早にある決意を持たせることになる。


また、競技かるた選手でなければわからない仕掛けも施されている。
例えば、全日本かるた協会の芹野恵子・選任読手が出演していること。
原作におけるキョコタンこと山城今日子・選任読手に当たる役どころで、高校選手権決勝で読手を務めている。

そもそも、試合を決める「札合わせ」からして、競技かるた選手でなければ、理解しにくいのではないだろうか。
競技かるたのルールを知っていればより楽しめるわけだから、
ぜひ「ちはやふる」を観て競技を始める人が増えて欲しい。

周防名人は、永世名人になったことを機に、名人戦から引退を表明。
最後に近江神宮の名人・クイーン戦で戦う、太一と新、詩暢と千早が描かれる。
ところが、その場面というのがまさかのアニメーションなのである。
正直、これには白けてしまった。
せっかくの大舞台なのだから、ぜひとも実写で観たかった。
特に若宮詩暢クイーンのかるたの場面は冒頭のクイーン戦にしか登場せず、
今作ではどちらかというとコメディリリーフ的な役割だったので、もっとかるたを取るところが見たかった。

この名人戦・クイーン戦の結末は作品では描かれていないが、
ラストシーンは5年後の近江神宮の高校選手権の場に、瑞沢高校の顧問として生徒を率いて帰って来た千早の姿があった。
千早はクイーンとなっていたのである。


「ちはやふる・結び」。ツッコミどころはあったけれど、総じて満足する出来栄えであった。
これで完結編だというのはなんとも悲しい。
まだまだ続けて欲しい。
僕自身は、このところ全然かるたに参加できていないのだが、これを機に復帰しようか。
この物語の続きは自分が紡いでいきたい、そんな風にも思わされた。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント