ぐらんぶる~コミックマーケット94~

今年もコミックマーケット(コミケ)の季節がやって来た。
今年は猛暑ということもあり、コミケにはもともと行くつもりは無かったのだが、
日曜の午後に時間ができたこともあり、何だかんだで結局足を運んでしまった。

画像


午後2時頃に国際展示場駅に到着。
すでに終わりに近かったが、相変わらず人が多い。
ただ、時間帯の関係で、帰る人たちの多いようだ。


猛暑、いや酷暑を予想していたのだが、思ったより涼しい。
会場にはクーラーが入っているようなのだ。
今まで夏コミに来た時はクーラーの涼しさをまったく感じなかったのだが、
それ以上に人が多かったからなのか。
あるいは今年は猛暑だから例年以上に温度を下げているのか…。

もっともそれでもすぐに汗だくになってしまったのではあるが。

画像


終わりの頃に着いたので、すでに片付けを始めているブースや、完売になっているところも多かった。
そのため、今回はあまり本は購入できなかった。


それでも、コミケの雰囲気を味わうと、これを日本の伝統として後世に伝えていく必要があることを強く感じる。


恒例の山田太郎・前参院議員ら「表現の自由を守る会」の超党派による街頭演説会も行われていた。

画像


現在コミケの会場として使われている国際展示場のうち、東展示場が2020年東京オリンピックではメディアセンターとして使用されることになっている。
また、そのための工事が来年には始まる。
そうなると、来年夏のコミックマーケット96から2020年夏のコミックマーケット98までは国際展示場の東展示場が使えなくなってしまう。
現在、青海に新しい展示場が建設中で、
96からは西と南の展示場に加えそこを使用するということである。
ところご、青海の新展示場は国際展示場からは1.5キロ離れていて不便である。
また、全体の容量も現在の7割ほどと手狭である。
そこで、コミックマーケット96から98は、開催日が従来の3日間から4日間に増やされることになるのだそうである。

山田太郎前参院議員らが以前から懸念していた、国際展示場の全面使用禁止によるコミケの締め出しという事態は避けられそうである。
だが新しいスタイルのコミケがどのようになるのか、再び現在のような形に戻ることが出来るのか、
コミケは大きな正念場を迎えることとなりそうである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック