ボ・ディドリー~ボ・ディドリー~

ロック音楽史3

チャック・ベリーらと共にロックンロールの生みの親と称される黒人シンガーにボ・ディドリーがいる。

画像


彼のデビュー曲にして最大のヒット曲となったのが、彼の名前と同じタイトルの「ボ・ディドリー」。



独特のリズムが印象的だが、「ボ・ディドリー・リズム」と称され多くの歌手に引用されてきた。
チャック・ベリーがそのイントロを数限りなく引用されてきたのと同様である。

最近の日本人歌手でも、山下達郎の「ジャングル・スイング」や、



MY LITTLE LOVER「白いカイト」などにも使われている。



中島みゆきの「地上の星」もそうらしい。



ボ・ディドリーというと、もう1つ独特の四角いギター。
もちろん特注なのだが、なぜ四角なのかを聞かれた彼は、「目立つ方が受けるじゃねぇか!それだけだよ。」と答えたという。

2008年に79歳で亡くなったが、その直前まで精力的にツアーをこなしていたという。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック