京都慕情~伏見~

3連休を利用して関西へ出かけてきた。
のぞみに乗って京都へ。

画像


3連休初日ということもあって混雑しているかと思っていたが、1本新幹線を待っただけで十分座れた。

さっそく新幹線の中で前祝い(?)

画像


関西自体は去年の春の選抜を観に来ているが、京都に来るのは2014年以来だろう。

今回は伏見稲荷大社へ向かった。

画像


参拝の前に近くで昼食。
いなり寿司が名物だという。

画像


同じく名物のウズラの丸焼き。

画像


頭から丸ごと食べられる。


伏見稲荷大社は、全国各地にある「お稲荷さん」の総本社。
奈良時代の和銅4(711)年開基だから、1300年もの歴史を持つ。

画像


朱塗りの鳥居を潜って境内へ。

画像


名所として知られる千本鳥居。
ここは、奉納された鳥居が無数に並んでいる。

画像


鳥居鳥居鳥居…

画像


確かに壮観である。

画像


おそらく一生分の鳥居は見た(笑)


伏見稲荷大社の神域は背後の稲荷山全体で、全部見て回ると軽いトレッキングになるらしい。
この日は雨の予報が、晴れ上がり、多少暑かった。
すっかり汗だくになってしまった。
なので、三ツ辻まで登ったところで引き返すことにした。

茶屋で冷あめを飲んでひと息。

画像


伏見稲荷大社の神域には末社・摂社も無数にある。
とてもじゃないが、ひとつひとつ見ている訳にはいかない。

適当に気のついたものを見ながら下る。

玉姫大神。

画像


脳天大神。

画像


荒木大神は結構広い。

画像


そして、末広大神。

画像


ここにはなんと、狛犬ならぬ狛蛙がいる。

画像


賽銭箱も蛙。

画像


手水場にも蛙。

画像



蛙は縁起がいいからだろうか?
伏見稲荷大社の周辺にはいくつもの蛙がいらっしゃった。

画像



その後は伏見稲荷大社周辺の寺院をいくつか見て回った。

石峰寺。

画像


ここには五百羅漢石仏や伊藤若冲の墓があるのだが、先日の台風21号の被害があったとかで、現在拝観禁止となっていた。

画像



続いて、宝塔寺。

画像


藤原基経の発願で、その子の藤原時平が昇泰2(899)年創建。
「源氏物語」にも極楽寺の名前で登場する。

入り口に当たる総門(四脚門)は室町時代創建で国の重要文化財。

画像


仁王門。

画像


本堂も重要文化財。

画像


多宝塔も室町時代の創建でやはり重要文化財。

画像


慈母観世音菩薩。

画像


この寺はもともとは真言律宗であったが、鎌倉時代末期に日像に帰依し、日蓮宗寺院となった。
その日像の墓もある。

画像



京都では伏見しか回れなかったが、なかなか充実していて楽しかった。
京都駅に戻ると、京都タワーがライトアップされていた。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック