ウィーアー~東京六大学野球・早慶戦~

東京六大学野球も大詰め。
優勝争いは、慶応、早稲田、法政に絞られた。
伝統の早慶戦で優勝が決まる。

1 法 政 勝ち点4 9勝3敗1分 .750
2 慶 応 勝ち点4 8勝3敗    .727
3 早稲田 勝ち点3 7勝3敗1分 .700
4 明 治 勝ち点2 5勝6敗3分 .455
5 立 教 勝ち点1 4勝8敗    .333
6 東 大 勝ち点0 0勝10敗1分 .000

早慶戦で慶応が勝ち点を上げれば慶応の優勝。
早稲田の2勝1敗だと法政優勝。
早稲田が2連勝なら、早稲田と法政が首位で並び、優勝決定戦が行われる。

今季で勇退の決まっている高橋監督にとっても、ここは有終の美を飾ってもらいたい。

そんなわけで、早慶戦を観に神宮球場へ出かけた。

画像


入場すると、ちょうど早稲田の校旗入場の最中だった。

画像


早稲田のスタメンは次の通り。

1一 福岡  3年・川越東
2二 山岡  4年・早実
3遊 檜村  3年・木更津総合
4右 加藤  3年・早実
5捕 岸本  4年・関大北陽
6左 瀧澤  2年・山梨学院
7中 小太刀 4年・日本文理
8三 金子  2年・早実
9投 小島  4年・浦和学院

早実出身の選手が、山岡、加藤、金子銀佑と3人スタメンに入っている。
この中に、清宮幸太郎(現・日本ハム)がいないのが寂しい。

画像


早稲田の先発投手はドラフトでロッテに指名されたエースで主将の小島和哉。

画像


四球が多いのが気になるが、5回まで慶応打線をわずかヒット1本に抑えている。

しかし、早稲田打線も慶応の先発・高橋佑樹(3年・川越東)を打ち崩せない。

画像


0―0出迎えた6回裏、小島は2安打と四球で無死満塁のピンチを迎えた。

画像


ここで押し出し四球を与えてしまう。

さらにタイムリーを打たれ0―2とされた。

画像


7回裏にも2死1、2塁からタイムリー2塁打を打たれ0―3。

画像


8回に小島に代打が出て、マウンドには早川(2年・木更津総合)。

画像


9回表、早稲田が粘りを見せる。
檜村、岸本が連打で出塁。
1死1、3塁として、黒岩(4年・長野日大)がタイムリー。
1点を返した。

画像


だが反撃もここまで。
早稲田は結局1―3で敗れ、優勝はならなかった。

画像


これで優勝争いは慶応と法政に絞られた。
だがまだ早慶戦は終わっていない。
明日、明後日と勝って慶応の優勝を阻止し、今年の有終の美を飾ってもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック