東村山音頭~競技かるた多摩初心者大会~

東村山で行われた競技かるた多摩初心者大会に、審判長として参加してきた。

東村山駅で下車。
ここで下りるのはいつ以来だろう?

画像


駅前にあるバス停の前に3本の欅の木が生えているが、これは「志村けんの木」なのである。

画像


1976年に志村けんが歌った「東村山音頭」が大ヒット。
その功績で志村けんが名誉市民になったことを記念して植樹されたものだそうだ。

画像


それはともかく、大会は駅から15分ほど歩いた東村山市民スポーツセンターが会場となった。

画像


今回は個人戦であるF級と、小学生と中学生の3人団体戦が行われる。
それでも出場者は200人を超えていた。
初心大会ということで通常の大会とは違った形で行われた。
通常はトーナメントで1回負けるとそこで終了だが、
今回は全員が4試合を取ることが出来る。
また、払い手は禁止で押え手のみであった。

画像


大会の終了時間が押してしまうというトラブルはあったが、概ね成功裡に終わったと思う。
初心者大会ではあったがかなり選手のレベルは高かった。
その反面、通常ではあまり考えられないような揉めやトラブルも続出した。
それが大会終了が遅くなった原因でもあるのだが…。
かるたの裾野が広がってきていることは歓迎すべきことなのだが、
かるたをやりたい人が増えていく一方で、それを指導できる指導者が不足していることなのかもしれない。

大会を増やすことも大切だが、指導者を育てることもそれ以上に大切なのだと感じさせられた。
最近自分の練習が全然出来ていないが、有志を集めて近所で講習会を開くなんてのも有効かもしれない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック