いざゆけ若鷹軍団~ドラフト会議~

2018年のドラフト会議が行われた。
世間では大阪桐蔭の根尾昂内野手や藤原恭大外野手、金足農業の吉田輝星投手が話題になっているが、
僕はなんといっても早稲田実業の野村大樹内野手がどこへ進むのかが気になっていた。


1位指名の結果、報徳学園の小園海斗内野手が4球団、根尾と藤原が3球団ずつて競合という結果になった。
西武が日本体育大の松本航投手を一本釣り。
抽選の結果、小園が広島、根尾が中日、藤原がロッテと決定。
吉田輝星は日本ハムの外れ1位。

そして、注目の野村大樹はソフトバンク3位。

画像


また、早稲田大学の小島和哉投手がロッテ3位であった。

画像



来年も早稲田実業、早稲田大学はもちろんプロ野球の方も楽しみがいっぱいになりそうだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック