Wake Me Up~紅白歌合戦出場歌手発表~

年末恒例の第69回紅白歌合戦の出場歌手が発表された。

〈紅組〉
aiko(13)
あいみょん(初)
いきものがかり(10)
石川さゆり(41)
AKB48(11)
丘みどり(2)
欅坂46(3)
坂本冬美(30)
島津亜矢(5)
Superfly(3)
DAOKO(初)
天童よしみ(23)
TWICE(2)
西野カナ(9)
乃木坂46(4)
Perfume(11)
松田聖子(22)
松任谷由実(3)
MISIA(3)
水森かおり(16)
Little Glee Monster(2)

〈白組〉
嵐(10)
五木ひろし(48)
EXILE(12)
関ジャニ∞(7)
King & Prince(初)
郷ひろみ(31)
Suchmos(初)
三代目 J Soul Brothers(7)
純烈(初)
SEKAI NO OWARI(5)
Sexy Zone(6)
DA PUMP(6)
氷川きよし(19)
福山雅治(11)
Hey!Say! JUMP (2)
星野源(4)
三浦大知(2)
三山ひろし(4)
山内惠介(4)
ゆず(9)
YOSHIKI feat. HYDE(初)


かつて紅白と言えば演歌からロックまで、その年に流行した曲を振り返ることのできる番組だったが、もはやそんな時代ではなくなった。
ヒット曲を出す歌手が軒並み出場を辞退するという事態。
演歌歌手を中心にヒット曲のない歌手が出場を重ねるという不思議もあったが、
僕は年に一回紅白という舞台で大御所の歌を聞くというのはアリだと思っている。
だから北島三郎、森進一が紅白から引退するというのは寂しかった。
今や演歌の大物は五木ひろしと石川さゆりぐらいか。

それでも、何だかんだで毎年出場歌手が気になってしまう。


今年は紅組2、白組4の初出場があった。
注目はYOSHIKI feat. HYDEだろうか。
X JAPANのYOSHIKIとL'Arc~en~CielのHYDEのユニット。
アニメ「進撃の巨人」(NHK)のテーマソングを歌っている。

一方、若者に人気の米津玄師が出場出来なかったのが意外であった。
ひょっとしたら辞退したのかもしれないが、DAOKOとのデュエットでサプライズ出場するかもしれない。

「原爆Tシャツ」騒動のBTS(防弾少年団)も不出場。
個人的にはさほど問題があるとは思っていないのだが、ここまで騒動が大きくなれば不出場は仕方あるまい。
一時期一世を風靡したK-POPはほとんど出場がなく、かろうじて日本・韓国・台湾の混成グループのTWICEが出場しているだけ。
そのTWICEにも、元従軍慰安婦を支援するブランド「MARYMOND」のTシャツを着ていたことからバッシングの声があがっているらしい。

山口達也元メンバーの不祥事があったTOKIOも不出場。
これで24年連続出場が途切れた。
ジャニーズ事務所からは嵐、関ジャニ∞、Sexy Zone、Hey!Say!JUMP、そして初出場のKing & Princeの5組が出場している。
かつては紅白にはジャニーズ枠があると言われ、その枠の関係でV6とKinKi Kidsが出場できなかったとも言われているが、最近はそれも無くなったのだろうか。
2015年に至っては、近藤真彦、SMAP、TOKIO、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zone、V6と7組も出ていた。


果たして今年の紅白歌合戦はどうなるのか。
何だかんだで期待して観てしまうだろう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック