ノーサイド~早実・花園出場~

快挙である。
早稲田実業ラグビー部が秋季都大会の第一代表決勝戦に出場、
国学院久我山を43―19で破り優勝を決めた。

これで年末年始に花園ラグビー場で開催される全国高校ラグビー選手権への出場を決めた。
早実が花園に出場するのは、1937年以来82年ぶり6回目である。
これは山口高校が過去に64年ぶりに出場した最長ブランク出場記録を上回るとのことだ。
もっとも当時は甲子園南運動場が会場だったので、“花園”に限れば初出場だということになる。
82年ぶりということは、当時の旧制中学1年生でも94歳だから当時を記憶している人はほとんどいないだろう。

ここ数年、早実ラグビー部は復活の兆しがあった。
2016年と17年も都大会決勝に進出していたが、東京と目黒学院にそれぞれ破れて悲願はならなかった。


早実野球部の春の選抜の出場がなくなり、春の予定をどうしようかと考えていたが、
ここに来てラグビー部の花園出場。
年末(年始)の予定を入れなければならないようだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック