野球狂の詩~野球知識検定~

僕は野球が大好きである。
野球名門校の早稲田実業から早稲田大学に進んだことで、いつの間にか野球好きとなり、今でも高校野球・大学野球を中心に年間10数試合は観に行っている。

画像


野球の知識を活かそうと、2012年に野球知識検定を受けたことがある。
この検定はプロ野球OBで構成されるマスターズリーグが主催するもの。
その時は5・6級を受検した。
これは問題は1つだが、正当率によって認定級が変わる。
70%以上正解が6級、90%以上が5級になる。


問題は野球の雑学クイズのようなものだった。
例えば、
1.2006年夏の甲子園で斎藤佑樹と投げ合った投手は誰か?
2.巨人の永久欠番16は誰の背番号か?
3.九州で唯一甲子園での優勝経験の無い県はどこ?
(正解は1.田中将大2.川上哲治3.宮崎県)

画像


マスターズリーグ主催ということで、試験官は元横浜・巨人の屋鋪要氏で、
検定後には屋鋪氏によるトークショーもあり、なかなか盛り上がっていて楽しかった。

画像


結果はなんと5級合格。
手応え的にも、さすがに9割正解ということはないだろうと思っていたので多少驚いた。


2016年には三宅島で野球審判員講習会を受験し、アマチュア野球公認審判員3級の資格も取得した。

画像


よく驚かれるのは、これほどの野球好きの僕に野球の選手経験がほとんどないということである。
三宅島時代、職場の人たちに誘われて島の社会人野球のチームに所属していたことはあるが、それが僕にとって人生での野球経験のほとんど全てである。
野球選手としての能力は無くても、様々な角度から野球を楽しむことが出来るのである。

春になれば高校野球、大学野球、そしてプロ野球が開幕するが、それが今から楽しみだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック