春色の空~高校野球・春季都大会~

高校野球春の都大会が開幕しているので、神宮第二球場へ観に出かけた。

画像


昨年は夏の甲子園が100回記念大会であったが、我が母校・早稲田実業は残念ながら甲子園には行けなかった。
今年はあの清宮幸太郎(現・日本ハム)の弟の清宮福太郎が入学したこともあり、久しぶりに甲子園に連れていってもらえるのではないか楽しみである。

秋ベスト4の早実は、第3シードで2回戦から登場。
対戦相手の佼成学園は2017年秋準優勝の強豪校。
好勝負を期待しよう。

画像


早実スタメン

1二 北村
2中 舘
3捕 茅野
4右 生沼
5左 伊藤
6遊 千葉
7一 西口
8投 宇野
9三 梅村

先発投手は2年生の宇野。
エースの伊藤はレフトで先発。
また、これまで外野手の茅野がキャッチャーのポジションについている。

画像


先攻は早実だったが、序盤はなかなか佼成学園エースの森(2年)を打ち崩せない。

画像


一方の守備でも、早実はしばしばピンチを招くも、なんとか踏み止まり得点を許さない。

双方無得点で迎えた4回裏、佼成学園先頭の白畑がソロホームランで先制する。

画像


序盤は佼成学園ペースで試合が進んでいく。

早実も5回表に反撃開始。
1死から2年生の西口がツーベースヒット。
190センチ110キロの大型選手だ。

画像


続く代打松本が続いて1、3塁。

9番梅村タイムリーで同点に追い付く。

画像


2死から舘が四球で満塁。
茅野のタイムリー。
生沼死球で押し出し。

早実が3点を挙げ逆転に成功した。


5回から早実のマウンドにはエース伊藤が上がる。

画像


6回に早実のブラスバンドとチアが撤収。
しかし、早実の勢いは止まらない。
先頭の千葉ヒット。送って2塁。

ここで佼成学園は2人目の投手で平澤。

途中出場のレフト網野が悪送球で出塁し1死2、3塁。
梅村がスリーランホームランを放つ!

画像


早実6―1佼成学園

佼成学園は3人目の投手で、キャッチャーの石元がマウンドへ。


6回裏、佼成学園先頭の四ツ谷がソロホームランで1点を返す。

画像


8回表、早実は猛攻を見せる。
ノーアウト満塁と佼成学園を攻め立てると、北村がタイムリー2塁打。

1死後、茅野、生沼、伊藤、千葉と5連続タイムリーで、一挙に7点を挙げ、13―2と大きく佼成学園を引き離す。

画像


その裏、佼成学園はツーベースを打って粘りを見せるが、最後は伊藤が見逃し三振を奪い、8回コールドで試合終了。

画像


終わってみれば圧勝であったが、なかなかエンジンがかからないのか、序盤は佼成学園に苦戦していた。
まだ始まったばかりであるから、1つ1つ着実に勝ち上がってもらいたい。
もちろん最終的には夏の大会を制して101回目の甲子園へ戻ってもらいたい。

画像


選手名簿を見たところ、選手登録20人であったが、19と20が空欄であった。
ここに清宮福太郎が入るのだろうか?
と思ったら、早実は選手の追加登録を行わなかったようである。
清宮福太郎の春のデビューは無くなった。
スーパールーキーは夏に成長した姿を見せてくれるに違いない。

2019年は早実野球部の躍進が楽しみである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック