伊勢めぐり~伊勢・志摩~

翌日、さっそく伊勢神宮詣りとなった。

伊勢神宮は、外宮(げくう)と内宮(ないくう)からなる。
まずは豊受大神を祀る外宮へ。
北御門を通って裏参道から境内へ入った。


P1050126.JPG


鬱蒼と茂った杜が神々しく感じてくる。


P1050133.JPG


御厨があったが、神馬の姿はない。
この暑さでは馬も出てくれないのか?


P1050134.JPG


外宮神楽殿で御朱印を頂いた。

P1050138.JPG

別宮 多賀宮。
豊受大神の荒御霊を祀る。


P1050143.JPG


別宮 土宮。
地主の神である大土乃御祖神を祀る。


P1050145.JPG


別宮 風宮。
級長津彦(しなつひこ)命、級長戸辺(しなとべ)命を祀る。
元寇の際に神風を吹かせた神だそうだ。


P1050146.JPG


三ツ石。
ここではかつて御装束神宝や奉仕員を祓い清める式年遷宮の川原大祓が行われたそうだ。
パワースポットでもあるとのこと。


P1050148.JPG


豊受大神を祀る正宮。
なお中は写真撮影禁止である。

P1050152.JPG


伊勢神宮は20年に一度の式年遷宮が行なわれ、その都度正宮が建て直されるが、
前回は2013年に行なわれている。
すぐ隣の古殿地にそれまで正宮があった。


P1050150.JPG


二の鳥居。

P1050159.JPG

一の鳥居。

P1050162.JPG

清盛楠は、平清盛が枝を切らしたとの伝承がある。

P1050168.JPG

せんぐう館は博物館だが、この時はちょうど改装中で入れなかった。

P1050164.JPG


まがたま池。

P1050165.JPG

火除け橋から域外へ出た。

P1050170.JPG


続いて、ここから10キロほど離れた、天照大神を祀る内宮へ向かった。

駐車場の近くに宮城道雄の記念碑があった。
「五十鈴川」、「祭りの太鼓」といった作品で伊勢神宮と関係が深いそうだ。

P1050174.JPG


参道には古い町並みが残り、土産物屋などが軒を連ねている。

P1050184.JPG


宇治橋の鳥居を潜っていざ内宮へ。

P1050186.JPG


五十鈴川にかかる宇治橋を渡ると、日常から神聖な世界へ入った気持ちになる。

P1050188.JPG


こちらが一の鳥居。


P1050195.JPG


五十鈴川に降りていき、ここで身を清める。

P1050196.JPG


澄んだ水に心も清らかになる。

P1050198.JPG


この石畳は徳川綱吉の母桂昌院が寄進したものだとか。

P1050199.JPG


瀧祭神は五十鈴川の守り神として古くから祀られている。

P1050201.JPG


二の鳥居。

P1050202.JPG



いよいよ天照大神の祀られる正宮へ。

P1050212.JPG


ここに日本最高の神様がいらっしゃるかと思うと、気持ちも引き締まるものである。

御稲御倉。
神田で収穫された御稲が籾の状態で納められている。

P1050216.JPG

外幣殿には古神宝類が納められている。

P1050217.JPG

別宮 荒祭宮。
天照大神の荒御霊を祀るが、正宮では感謝の気持ちを伝え、個人的な祈願はここでするものらしい。

P1050221.JPG

島路川を渡って別宮 風日祈宮へ。

P1050222.JPG

級長津彦命、級長戸辺命を祀る。
 
P1050228.JPG

内宮神楽殿。

P1050230.JPG

木華開耶(このはなのさくや)姫神を祀る子安神社とその父を祀る大山祇神社と子安神社は改修中で、
すぐ近くに仮の祠があった。

P1050234.JPG

そうして再び宇治橋に戻って来た。
入口から二つ目の擬宝珠には特別なお札が納められているとのことで、よく見るとみんなが触ったせいか色が変わっている。

P1050238.JPG


伊勢神宮に来るのは、2006年以来13年ぶりであった。
その間に式年遷宮があり、正宮は新しくなっている。
いつ来ても、心が引き締まる思いがする場所だと感じる。

御朱印も頂いたが、伊勢神宮のものは実にシンプルだ。

スキャン_20190827 (8).png


次に、二見浦へ足を延ばした。

P1050248.JPG

ここには二見興玉神社がある。

P1050252.JPG

境内のあちらこちらにカエルがいらっしゃる。

P1050254.JPG

P1050257.JPG

天の岩屋。
こちらにいらっしゃる女神は、天照大神だろうか?
あるいは踊っているからアメノウズメ命かもしれない。

P1050261.JPG

手水舎もカエル。

P1050266.JPG

さらにカエル、カエル、カエル…。

P1050268.JPG

P1050274.JPG

P1050278.JPG

蛙みくじ。
口の中におみくじが入っている。

P1050273.JPG

二見浦といえば、この夫婦岩。

P1050271.JPG


ここから見る日の出は素晴らしいそうだ。


P1050275.JPG


この日の宿は志摩。
温泉にゆっくりと浸かった。

P1050297.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック